和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

【動画】「ツール・ド・熊野」開幕 和歌山県古座川町・自転車の国際レース

一斉にスタートする選手(10日、和歌山県古座川町蔵土で)
一斉にスタートする選手(10日、和歌山県古座川町蔵土で)
 国際自転車競技連合(UCI)公認レースである第24回「ツール・ド・熊野」(スポーツプロデュース熊野主催)が10日、和歌山県古座川町で開幕した。同町での開催は初めて。国内外から参加した16チーム約100人が町内の名所などを駆け抜けた。12日まで。


 初日の舞台となった「古座川清流周回コース」は126・7キロ。選手は午前9時半に同町の「蔵土多目的広場」を出発し、桜の名所として知られる七川ダムの湖畔や国の天然記念物「古座川の一枚岩」の前などを勢いよく走り、沿道では地域住民が声援を送った。

 11日には三重県熊野市にある丸山千枚田などを走る「熊野山岳コース」(107・7キロ)、12日には太地町内を巡る「太地半島周回コース」(104・3キロ)があり、選手たちがタイムを競う。スタートは両日とも午前10時。