和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

古座川の「春」満喫 自転車イベントに114人、和歌山

国の天然記念物「高池の虫喰岩」の前を走る参加者(和歌山県古座川町池野山で)
国の天然記念物「高池の虫喰岩」の前を走る参加者(和歌山県古座川町池野山で)
 和歌山県古座川町で10日、サイクリングイベント「KOZAGAWA EXPERIENCE & RIDE(コザガワ エクスペリエンス アンド ライド)」があった。町内外から114人が参加し、見頃を迎えているクマノザクラや名勝を見たり、地元の食材を味わったりして、古座川の「春」を満喫した。

 古座川町観光協会が初めて企画した。イベントでは、一枚岩(相瀬)をスタートし、滝の拝(小川)や虫喰岩(池野山)といった名勝を巡りながら、町の花「クマノザクラ」を楽しむコース「Hanami(ハナミ)」と、同町を舞台にした国際ロードレースのコースを走ることができる「国際ロードコース and Hanami」の二つのコースを設定した。

 この日は、新宮市のキナンをメインスポンサーとする「キナンレーシングチーム」の選手が参加者と共に走った。各地に設けたエイドステーション(休憩地点)やゴール地点ではジビエやアユなどの地元特産品が振る舞われた。

 和歌山市から参加した浦祐希さん(18)は「クマノザクラが見えると聞いて参加した。1人で走るよりも大人数で走るほうが話ができるので参加して良かった。古座川は信号がなく、道もきれいで走りやすい。春は動きやすい気温。次も参加したい」と笑顔を見せた。

 観光協会の増山清人事務局長は「天気が良くて、クマノザクラも満開の日に開催できて参加者の皆さんに喜んでいただけたと思う。来年以降も古座川町のPRのために開催したい」と語った。