和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月22日(水)

ネット予約10分で定員 ワクチン、田辺市の8月分集団接種

ワクチンのイメージ
ワクチンのイメージ
 和歌山県田辺市で14日、16~59歳を対象とした新型コロナウイルスワクチン集団接種のインターネット予約が始まった。8月分のネット予約枠(約600人分)は、午前8時半の開始から約10分で定員に達した。

 市の16~59歳の対象者は約3万1千人。8日に接種券を発送した。集団接種の会場は、ハナヨアリーナ(文里2丁目)と市民総合センター(高雄1丁目)に設ける。

 集団接種は現在、60歳以上と基礎疾患のある人を先行して進めている。また、学校職員や保育士らが夏休み中に接種できるよう優先してスケジュールに組み込む。そのため8月分の一般の予約枠は抑えているが、9月分以降は増やしていく予定という。

 電話予約枠については、19日午前8時半から市の専用コールセンターで受け付ける。

 市のワクチン接種は、医療機関での個別接種も併用している。14日現在、個別接種の医療機関(64歳以下)は公表しているだけで24カ所ある。

 市の担当者は「国の接種スケジュールに沿って順次進めているので、今回は予約できなかった人も安心してほしい。個別接種も積極的に利用してほしい」と話している。

 12~15歳の接種券は、15日の発送を予定している。

 接種に関する問い合わせは、コールセンター(0739・33・7022)へ。