和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月18日(火)

鮮やかなピンク色 ベニトンボ繁殖期、和歌山県紀南地方

連結して飛びながら交尾するベニトンボ(左が雌)=和歌山県田辺市稲成町で
連結して飛びながら交尾するベニトンボ(左が雌)=和歌山県田辺市稲成町で
 雄が特徴的なピンク色をした南方系のトンボ「ベニトンボ」が、和歌山県紀南地方各地で繁殖している。沿岸部のため池や河川の流れが緩やかな所などで見られる。全長4センチほど。

 田辺市では数年前から確認されるようになった。今年も稲成川支流の荒光川などで多く発生している。雄が植物の先端に止まって縄張りを主張したり、雄が雌を捕まえて飛びながら交尾したりしている。雌は雄より地味で、だいだい色をしている。

 ベニトンボは、台湾や東南アジアなどに広く分布する。日本ではかつて、鹿児島県の一部のみで知られていたが分布域が次第に北上、本州でも記録されるようになった。県内では初確認からすでに十数年がたち、定着していると考えられている。