和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月22日(月)

輝く羽でひらひら チョウトンボ舞う、和歌山県南部

ため池に飛来したチョウトンボ。金属光沢のように羽が輝く(和歌山県田辺市で)
ため池に飛来したチョウトンボ。金属光沢のように羽が輝く(和歌山県田辺市で)
 金属光沢のように輝く羽を持つチョウトンボが、和歌山県紀南地方のため池や河川などでひらひらと飛び回っている。9月ごろまで見られる。

 体長4センチほど。水生植物が繁茂する水辺を好む。羽の幅が広く、光の当たり方によって色が変化する。

 田辺市のため池では、雄が水辺の枝や葉の先に止まって、縄張りを主張し、他のトンボが近づくと激しく追い払っていた。移動性が強く、1カ所にとどまらないという。