和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月23日(日)

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事、和歌山・白浜町

みこしを担いで海に入る潮掛け神事(和歌山県白浜町才野で)
みこしを担いで海に入る潮掛け神事(和歌山県白浜町才野で)
 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、子どもたちの笛や太鼓の祭りばやしでにぎわった。

 13日の宵宮では、神社関係者が参列する中、吉田隆宮司が社殿で祝詞奏上などの神事を営んだ後、潮掛け神事があった。才野青年団の15人が300メートルほど離れた五色ケ浜までみこしを担ぎ、海へ飛び込んだ。

 昨年はコロナ禍の影響が残っていたため、みこしを担いで海に入る潮掛け神事はあったが、子どもみこしなどは中止していた。

 才野青年団の橋本昂樹団長(30)は「やっと元通りの祭りに戻れてうれしい。天気にも恵まれ良かった」と話した。