和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月19日(火)

和歌山のパンダ「結浜」5歳に 誕生日に氷贈る

頭頂部のとんがりが特徴の結浜。5歳になった(18日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
頭頂部のとんがりが特徴の結浜。5歳になった(18日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
 和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」で暮らすジャイアントパンダの雌「結浜(ゆいひん)」は18日、5歳の誕生日を迎えた。施設は、数字の「5」や、名前にちなんでリボンの形に固めた氷を贈った。

 結浜は、雄の「永明(えいめい)」と雌の「良浜(らうひん)」の間に生まれた8番目の子。施設によると、出生時の体重は197㌘で、これまでに施設で生まれた中で最も大きかった。頭頂部のとんがりは、自分で歩き出した生後4カ月ごろから目立つようになってきたという。

 施設によると、結浜の体重は100㌔余り。パンダの5歳は人間に例えると15歳くらいで、元気に過ごしている。