和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月06日(木)

田辺駅前で「龍神」アピール 10日に産品販売や体験教室

イベントを紹介するチラシ
イベントを紹介するチラシ
 和歌山県田辺市龍神村の店舗などが10日、同市湊のJR紀伊田辺駅前にある市街地活性化施設「タナベエンプラス」のマルシェスペースで、食品や雑貨を販売したり体験教室を開いたりするイベント「4月10日(土)は村ではなくタナベエンプラスへ行こう」を開く。時間は午前10時~午後3時半。

 龍神村で地域活性化に取り組んでいるNPO「ええとこねっと龍神村」のメンバーで、市地域おこし協力隊員だった鶴岡絵美さんが、エンプラスで龍神村をPRするイベントを開こうと考えていたところ、知人らが「龍神村のみんなで行って店を出したら話題になる」と協力。飲食物や体験教室などを提供する店舗や個人などが集まった。

 鶴岡さんは「新型コロナウイルスの影響で龍神村を訪れる人が少なくなっており、こちらから積極的にPRしようと思った。龍神村に来て3年がたったが、心強い仲間ができてすてきなイベントを開くことができて幸せ。ぜひ成功させたい。多くの来場を待っています」と話している。

 出店する店舗と販売内容は次の通り。

 旭屋心禄=プリン、かごバッグ▽菓子工房hocco=プリン、焼き菓子など▽CONSERVA=ジャム、パン、スパイスなど▽つぐみ食堂(午前11時から出店)=しいたけバーガー、龍神村の産品▽とりとんファーム=平飼いの鶏の卵、卵焼きの実演▽豆んと森=コーヒー、コーヒー豆▽龍神そば=とろろぶっかけそば

 体験教室の羊毛フェルトコースター作りは、羊毛フェルト作家の矢野玲子さん(龍神村福井)が指導する。龍神村の温泉水と羊毛を使って布状のコースターを作る。所要時間は約45分。参加費は2千円(税込み)。定員は8人で予約優先。予約はGメール(baroonworkshop@gmail.com)で。羊毛フェルト品の販売もある。

 スギとヒノキのスツール作りは、木工館「ジー・ワークス」(龍神村福井)が担当する。製作時間は約1時間。子どもも保護者の手伝いがあれば参加できる。参加費は3300円(税込み)。定員は8人で当日受け付けのみ。家具の展示や木工品の販売もある。

 体験教室の受付時間は午前10時~午後2時半。

 問い合わせは鶴岡さん(080・6724・7919)へ。エンプラスへの問い合わせは同施設を運営する南紀みらい(0739・25・8230)へ。