和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月06日(木)

まるで飛び立つ鳥のよう ヒメハギ咲く

飛び立つ鳥のようにも見えるヒメハギの花(和歌山県田辺市新庄町で)
飛び立つ鳥のようにも見えるヒメハギの花(和歌山県田辺市新庄町で)
 和歌山県紀南地方の道路沿いなどで、ヒメハギ(ヒメハギ科)が小さな紫色の花を咲かせている。

 日当たりの良いやや乾いた所に生える常緑の多年草。茎の高さは15センチ前後。花は長さが1センチ以下と小さい。その形は鳥が飛び立つ姿にも似ている。和名は、花が秋の七草の一つハギ(マメ科)に似て小さいことから名付けられた。