和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月19日(火)

宿泊観光、2割が売り上げ8割以上減 12、1月和歌山県調査

 和歌山県内の非製造業事業者の約4割で、昨年12月と今年1月の売り上げが前年同期に比べて5割以上減少していたことが県の調査で判明した。とりわけ宿泊観光業への影響が大きく、売り上げが8割以上減ったという事業者も18・3%に上っている。県は新型コロナウイルス感染「第3波」の影響や「Go To トラベル」停止の影響とみられるとして、給付金や支援策を計画している。

 県が電話や電子メールなどで調査。非製造業は672事業者中400業者、製造業は905業者中154業者から回答を得た。

 非製造業で、売り上げが前年比5割以上減少した事業者の割合は、昨年5月は80・6%だったが、緊急事態宣言解除や支援策の効果で10月には17・3%まで回復した。しかしその後、再び悪化し、12月は32・0%、1月は46・6%となったという。

 非製造業のうち、特に落ち込みが大きいのは宿泊観光業。12月と1月で8割以上減少したという事業者が18・3%、5割以上減少が46・9%に達した。

 飲食業は8割以上減少した事業者が10・0%。5割以上減が48・8%で、宿泊観光業とともに半数近くを占めた。特に居酒屋や料亭、スナックなど、夜だけ営業する店では影響が大きいという。

 旅客運送業は8割以上減少した事業者が12・0%、5割以上減が34・0%。バスでは依然、団体客が戻っていないほか、タクシーも夜の会食や通院の減少により利用客が減少しているという。卸売り・小売業は8割以上減が3・1%、5割以上減が16・4%だった。

 県は支援策として、一定以上の売り上げ減があった飲食・宿泊・旅行業者に対し、最高60万円を、地域交通事業者には最高300万円を支給する計画。関連費用を盛り込んだ予算案を22日開会の県議会2月定例会に提案する。

 一方、製造業で売り上げが前年同月比5割以上減少した事業者の割合は、昨年5月には34・9%あったが、おおむね改善傾向にあり、12月は5・3%に下がった。1月は6・7%だった。

 12月と1月を合わせた売り上げでは8割以上減が0・3%、5割以上は5・9%だった。影響なし・売り上げ増加は44・9%と半数近くを占め、非製造業の17・7%より30ポイント近く高かった。外出を控える人らによる「巣ごもり需要」や衛生意識の高まりによる受注増のほか、ネット販売で売り上げを伸ばす事業者もいるといい、自動車向け製品も好調という。