和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

オンコニックセラピューティクス、消化器病週間2024でJAQBOの第III相試験の良好な結果を発表

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405301548-O1-Ouc8kwAe

ソウル(韓国)・ワシントン、2024年5月30日 /PRNewswire/ -- オンコニックセラピューティクス(Onconic Therapeutics)は、がんおよび消化器疾患の革新的な治療法の開発に取り組む臨床段階のバイオ医薬品企業であり、本日、2024年5月18日から21日までワシントンD.C.で開催された消化器病週間(DDW)2024において、JAQBO(zastaprazan citrate)の第III相ZERO-1試験の結果を発表しました。

 

韓国の恩平聖母病院の教授兼消化器専門医であるJung-hwan Oh医学博士が、ZERO-1試験の主著者として、口頭発表セッションにて第III相試験の結果を発表しました。この無作為化二重盲検能動比較試験は、びらん性食道炎患者を対象に、ザスタプラザンとエソメプラゾールの有効性および安全性を比較したものです。参加者は、最大8週間にわたり、ザスタプラザン20mgまたはエソメプラゾール40mgのいずれかを毎日服用しました。登録された300人の患者のうち、ザスタプラザン群では8週目に累積治癒率が97.9%であることが示され、エソメプラゾール群では94.9%でした。4週目までに、ザスタプラザン群の治癒率は95.1%であり、エソメプラゾール群の87.7%と比較して統計的に有意な差が認められました。これらの結果は、ザスタプラザンがエソメプラゾールに対して非劣性であることを確認しました。さらに、ザスタプラザンは1時間以内に迅速な作用を示し、24時間のうち85%の時間で胃内pHを4以上に維持し、その持続的な有効性により夜間の酸逆流症状を効果的に緩和する可能性を示しました。

「ZERO-1試験の肯定的な結果が励みになっており、これはびらん性食道炎患者に対するJAQBOの有効性と安全性を示しています。」と、オンコニックセラピューティクスのCEOであるJohn Kim医学博士は述べています。「韓国のMFDSによる最近の承認は、オンコニックセラピューティクスにとって重要なマイルストーンです。JAQBOが迅速かつ持続的に症状を緩和することで、世界中の患者ケアの向上に貢献できることを期待しており、私たちは、より広範な国際市場での開発を追求することに専心しています。」

2023年3月、JAQBOは中国を代表する製薬会社であるリブゾン・ファーマスーティカル・グループ(Livzon Pharmaceutical Group)にライセンス供与され、中華圏市場での開発および商業化が進められました。

ザスタプラザンについて

オンコニックセラピューティクスによって開発されたザスタプラザンは、JAQBOというブランド名で2024年4月に韓国の食品医薬品安全処(MFDS)によってびらん性食道炎の治療薬として承認されました。

オンコニックセラピューティクスについて

オンコニックセラピューティクスは、アンメット・メディカル・ニーズに対応する新規治療薬の開発に注力する臨床段階のバイオ医薬品企業です。当社は、がんおよび消化器疾患に対する患者の治療成果を改善し、革新的な医療ソリューションを提供することに専念しています。

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405301548-O2-EhMwzgM8

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202405301548
提供: