和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

「ふくろいマルシェ新茶フェア」の開催

ふくろい茶のブランド向上に向けた新たな取り組み

令和6年5月30日
静岡県袋井市

◇袋井茶振興協議会(会長 鈴木 勝)が、茶価の低迷により厳しい経営を強いられている市内茶生産者の支援や袋井茶の需要拡大及び周知PRを目的に、「新茶」に特化したブランディングイベント「ふくろいマルシェ新茶フェア」を6月9日(日)に袋井市総合体育館さわやかアリーナにて開催する。
◇ファッションに意識の高い30代から40代をターゲットとしており、会場をスタイリッシュに装飾するとともに、スタッフの服装もバリスタのようなコスチュームで統一する。これまでのPRイベントとは一線を画す「ふくろい茶」のプロモーションに向けた新たな取り組みである。
◇来場者は市内20茶工場(予定)から出品された自慢の「新茶」をテイスティング用オリジナル茶杯(専用湯飲み)で飲み比べて、自身の嗜好に合ったお茶を購入できる。また、幅広い世代が楽しめるよう、市内の老舗和菓子店が茶菓子を販売するとともに、ゲーム企画等も実施する。

日時 令和6年6月9日(日) 午前10時~午後3時30分
開催場所 袋井市総合体育館さわやかアリーナ「サブアリーナ」
参加費 500円(税込み)/オリジナル茶杯代として
販売物 20茶工場(予定)の新茶 500円(税込み) ※内容量は、茶工場によって異なります
内容1:新茶20種(予定)のみ比べツアー
 受付にて自分専用湯飲み(テイスティング用)としてオリジナル茶杯を500円で購入し、新茶を味わう。
内容2:お茶の種類あてゲーム
 室町時代から武士の間で人気を集めた「茶歌舞伎」をイメージした遊びで、自分の味覚・嗅覚だけを頼りに、お茶の種類を当てる。
内容3:お茶の重量あてゲーム
 直感を頼りに、茶袋にお茶をぴったり100グラム入れて遊ぶ子供向けのゲーム。お茶の香りを楽しみながら、お茶に親しむ。



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202405301540
提供: