和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月23日(日)

ThunderSoftは人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMAに出展

横浜(日本)2024年5月27日 /PRNewswire/ -- 2024年5月22日、人とくるまのテクノロジー展2024 YOKOHAMAが日本神奈川県横浜市のパシフィコ横浜会議場で盛大に開幕しました。ThunderSoftは、車両操作システムのAqua Drive OS、Kanzi、センタードメーンコントロールなど、多くの製品ソリューションを展示し、中央計算時代に向けた先端のスマートカー技術と最新の実現成果を全面的に紹介しました。来場者は、次世代のスマートコネクテッドカー技術の卓越した魅力を「ゼロ」距離で体感することができました。

スマートモビリティ:中央計算製品が実車検証を完了し、高度なインテリジェンスの実現が加速

パシフィコ横浜会議場のN19ブースでは、ThunderSoftが車両操作システムのAqua Drive OS、センタードメーンコントローラー、HMI開発ツールKanziなどの製品群を展示し、スマートカー分野におけるソフトウェア、ハードウェア、そしてソフトウェアとハードウェアの統合ソリューション能力を全面的に紹介しました。最先端の技術と豊富な製品ラインナップにより、来場者の注目を集めました。

Aqua Drive OSはThunderSoftが今年で初めてグローバルに向けて発表した中央計算向けの車両操作システムであり、独立したスマートコックピットや自動運転のアーキテクチャをサポートするだけでなく、コックピットとADASの融合を実現する中央計算アーキテクチャもサポートしています。多くのチッププラットフォームや各種サードパーティーエコソフトウェアに対応でき、「オーペン、リンク、グローバル化」の特徴を備えています。Aqua Drive OSを基に、OEMは開発コストを大幅に削減し、中央計算アーキテクチャの導入をより効率的に実現することができます。

さらに驚くべきことに、ThunderSoftのAqua Drive OSコックピットとADASの融合ソリューションは、既に実車での検証テストを完了しています。Aqua Drive OSコックピットとADASの融合版は、ThunderSoftがQualcomm Snapdragon Ride Flex SoCプラットフォームSA8775Pを基に開発したもので、高度なコックピット機能と高級なインテリジェント運転機能が一つのSoCに統合されています。さらに、その全体的なHMI設計はKanziツールチェーンを基にしており、ユーザーストーリーを出発点に、シームレスでスムーズなシーンの移行を設計目標として、全3Dデザインの没入型の設計効果を実現し、業界のデザインのトレンドを牽引しています。このソリューションを基に、OEMは低コストでコックピットとADASの融合を実現し、商業化の推進を加速することができます。

グローバル展開:グローバルエコシステムに依存し、グローバル顧客に力を与える

ThunderSoftは、グローバル先行者として、スマート操作システムおよびエッジインテリジェント製品と技術を提供し続け、「エコシステムが王様」という理念を堅持し、上下流のパートナーとの協力を積極的に構築しています。今回展示したAqua Drive OSは、グローバル自動車産業の応用エコシステムを融合しており、OEMは車種や地域に応じてユーザーに柔軟な構成を提供し、海外需要に迅速に対応することができます。ThunderSoftの長年の発展により、国内外のダブルエコシステム体系が徐々に構築され、グローバル自動車メーカーの海外進出を支援しています。

グローバル化の加速的な発展に伴って、ThunderSoftは高性能計算関連製品の技術探索と革新を継続的に加速し、「Aqua Drive OSエコサークル」を絶えず拡大し、グローバル産業競争の中で顧客が製品力とグローバルサプライチェーン能力を全面的に向上させることを支援しています。

 

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405271322-O1-f2Q899To

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202405271322
提供: