和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

【動画】雲海、朝日に輝く 清流古座川の流域で、和歌山

古座川流域に現れた雲海(6日午前6時半、和歌山県古座川町峯で)
古座川流域に現れた雲海(6日午前6時半、和歌山県古座川町峯で)
 和歌山県古座川町の山中で6日朝、古座川流域で発生した雲海が広がった。撮影に訪れていた写真愛好者によると、前日に雨が降ったため条件が良かったという。

 雲海が観測できたのは、林道和深鶴川線の途中にある古座川町峯の山頂付近。標高が約410メートルあり、遠くに紀伊大島や太平洋を望める。

 午前5時半ごろ、南東の空が赤くなり始めると、雲海がはっきりと見えるようになった。日が昇ると、太陽に照らされて、金色に輝いた。この日は写真愛好者ら7人が訪れ、懸命にシャッターを切っていた。

 同町添野川の南真次さん(70)は「10年ほど前から何度も来ているが、今日がベストだったと思う。静止した雲海が良かった」と話していた。