和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月02日(土)

催しや合宿に使って 白浜にワーケーション施設

イベントスペースを併設したcotowa南紀白浜(和歌山県白浜町で)
イベントスペースを併設したcotowa南紀白浜(和歌山県白浜町で)
 和歌山市でコワーキングスペース(共有オフィス)などを運営するコミュニティー「cotowa(コトワ)」が29日、和歌山県白浜町に宿泊型ワーケーション施設をオープンする。合宿はもちろん、屋外イベントスペースを活用した催しも開ける。

 コトワは「個と和」をテーマに、自己実現を目指す一人一人が、場所やスキルなどコトワ内にある資源を共有し、新しい価値を生み出そうというコミュニティー。メンバーはデザイナーや着付師、教師、看護師など職業も世代もさまざま。大半は和歌山市在住で、紀南でもコミュニティーの輪を広げたいという。

 施設「cotowa南紀白浜」は桟橋交差点近くの高台にあり、コトワのメンバーが利用できる。従来のメンバーにとっては紀南で活動する際の拠点となる。紀南でもイベントなどで活用してもらいたいという。コミュニティーに加入すれば、和歌山市の施設も活用できる。

 メンバーの天津やよいさん=有田川町=は「多様な人材が集まるほど、できることも増える。紀南と紀北をつなぐ拠点にできればうれしい」と話している。

■オープン記念で催し 29日に開催

 施設のオープンを記念して、29日午前10時~午後4時、イベントスペースでマルシェを開催する。コトワの活動紹介と施設のお披露目が目的。和歌山市などからスイーツや雑貨、衣料品などを販売する約20事業者が出店するほか、電動自転車やアート作品の展示もある。フラダンスやウクレレの演奏、トークライブも予定している。

 催しの情報は写真共有アプリ「インスタグラム」で発信している。

 問い合わせはコトワ代表の旭大介さん(090・5203・1408)へ。

■「ほっこりDAYS」も

 同日に白浜町内でもう一つ、マルシェが開催される。同町中のクオリティソフトで午前10時~午後4時にある「ほっこりDAYS(デイズ)in白浜」(実行委員会主催)で約30事業所が出店。飲食物や雑貨を販売する。

 初めての企画。会場を発着点に、近くの金刀比羅神社までを歩く企画も午前10時半からと午後2時からの2回、予定している。参加は無料。

 実行委事務局の橘博昌さん=田辺市下万呂=は「名前の通り、来てくれる方々にほっこりしてもらいたい。遠足のような気持ちで、気軽に来場してもらえるといい」と話している。小雨決行。

 催しの情報は、インスタグラムで発信している。

 主催の異なる両マルシェだが、地域を盛り上げようと同時開催として連動。両主催者は「二つの会場は車で10分ほどの距離。ぜひはしごして、マルシェを楽しんでほしい」と呼びかけている。