和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月03日(日)

ギネス記録を達成 レーザービーム文章で白浜の温泉宿

夜の岩壁に照射されたレーザービーム文章(24日、和歌山県白浜町椿で)
夜の岩壁に照射されたレーザービーム文章(24日、和歌山県白浜町椿で)
桐村和由さん(右)から公式認定証を受け取る金田紀彦社長=24日、和歌山県白浜町椿で
桐村和由さん(右)から公式認定証を受け取る金田紀彦社長=24日、和歌山県白浜町椿で
 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の文章」のギネス世界記録を達成した。

 ギネスの新しい部門で、文章を投影する面積が3000・44平方メートル以上で、5分間照射するなど約20項目の条件を達成した。    

 この日は、海沿いの岩壁に高さ16メートル、幅205・566メートル(面積3289・056平方メートル)にわたって世界平和を祈る「LOVE AND PEACE」(愛と平和)の文章を浮かび上がらせた。ギネスワールドレコーズジャパン(東京都)公式認定員の桐村和由さんが記録達成を報告すると、集まった関係者から拍手が起きた。

 同社は、椿で運営する2軒の温泉宿で、宿泊客を楽しませるレーザービームショーを毎夜開催している。その中で、客から預かった記念日の祝いやプロポーズなどのメッセージを投影するサービスを提供している。

 そうしたメッセージを受け取った宿泊客が涙を流して喜んでいる様子を見たことをきっかけに金田社長(59)が「この取り組みをもっと多くの人に知ってもらいたい」と思い、ギネス世界記録に挑戦することを決めたという。

 記録を達成し、公式認定証を受け取った金田社長は「成功して良かった。このレーザービームの取り組みが、観光振興として、町全体に広がっていくことを期待したい」と話した。