和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月25日(土)

小学生柔道で優勝、全国へ 練心館の中田さん

中田奏さん
中田奏さん
 第18回全国小学生学年別柔道大会の和歌山県予選がこのほど、田辺市扇ケ浜の市立武道館であり、小学6年生女子55キロ級で、練心館の中田奏さん(11)=田辺市会津小学校=が優勝した。中田さんは8月29日に堺市で開かれる本戦に出場する。


 県予選は県内7地区の代表の6年生が参加し、男女とも3階級に分かれて個人戦で競った。

 女子55キロ級では、紀南地区代表の中田さんが初戦の準決勝で日高地区代表の選手に3―0で優勢勝ちした。決勝は伊都地区代表の選手と対戦し、積極的に攻めて3―0で優勢勝ちした。

 得意技は背負い投げという中田さんは「全国大会では背負い投げで勝ち、決勝まで行きたい」と目標を話している。

 練心館は2道場の合併で2009年に発足し、田辺市と白浜町に道場がある。林真生館長(55)によると、練心館の選手が県大会で優勝したのは、2年前の同じ大会で中田さんの姉の彩音さん(明洋中学校2年)が優勝して以来、2回目。