和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年09月17日(金)

【動画】パンダの永明に父の日のプレゼント 白浜のアドベンチャーワールド

プレゼントの竹をほおばる永明(20日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
プレゼントの竹をほおばる永明(20日、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
 「父の日」の20日、白浜町のアドベンチャーワールドは施設で生まれたジャイアントパンダ16頭の父親「永明(えいめい)」に、日頃の感謝を込めて好物のタケノコなどをプレゼントした。

 1994年9月6日に中国の北京動物園から来日した永明は、9月14日で29歳になる。体重は約115キロ。昨年11月22日に「楓浜(ふうひん)」が誕生し「飼育下で自然交配し、繁殖した世界最高齢のパンダ」という自らの記録を更新した。

 永明には父の日にちなんで毎年プレゼントをしている。今年は竹で「父の日 いつもありがとう」と書いたメッセージなどを贈った。

 永明は、人間の年齢にすると80歳を超えており、健康に暮らせるようにと施設では血液検査などの定期健診をしている。竹を主食とするパンダは年齢を重ねるとともに歯が摩耗するため、定期的に口腔(こうくう)内チェックをしているほか、歯の負担を減らすために太い竹には切り込みを入れている。