和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月21日(日)

センダンの実パクッ 「ヒィーヨ、ヒィーヨ」ヒヨドリが食事、和歌山

センダンの実を食べるヒヨドリ(和歌山県田辺市鮎川で)
センダンの実を食べるヒヨドリ(和歌山県田辺市鮎川で)
 初冬を迎え、河川敷に生えるセンダンなどで、ヒヨドリが熟した実を食べる姿が見られている。

 ヒヨドリの大きさは全長28センチほどで羽を広げると約40センチになる。和歌山県紀南地方では山間から市街地までさまざまな環境で見られる。

 田辺市鮎川の富田川沿いにあるセンダンには、ヒヨドリが入れ代わり立ち代わり飛来している。名前の由来にもなっている「ヒィーヨ、ヒィーヨ」という鳴き声を響かせ、辺りを警戒しながらおいしそうな実を探す。実はくちばしで方向を変えながら、そのままのみ込んでいる。