和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月02日(土)

元阪神の濱中さんGM就任 和歌山FB「愛される球団に」

和歌山ファイティングバーズのゼネラルマネジャーに就任した濱中治氏(左)と、北岡大伸球団代表=23日、和歌山県田辺市新屋敷町で
和歌山ファイティングバーズのゼネラルマネジャーに就任した濱中治氏(左)と、北岡大伸球団代表=23日、和歌山県田辺市新屋敷町で
 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「地元に愛される球団にしたい。まずはチームが存続できるよう、スポンサーを集めることが自分の仕事」と意気込みを語った。

 同市新屋敷町の田辺商工会議所で、球団の運営会社「CMD FB」の尹熙元(ユン・ヒウォン)代表、FBの北岡大伸球団代表、川原昭二監督らとともに会見した。

 濱中氏は「FBから1人でもプロ野球選手を出したい。スカウト陣に見に来てもらうことはできるので、選手のモチベーションにつながれば」「まだまだチームを知らない人が多いと思うので、ボランティア活動や野球教室などで知名度を高め、少しでも集客人数を上げていきたい」と述べた。

 濱中氏は芳養小学校、明洋中学校を卒業し、南部高校から1996年のドラフト3位で阪神に入団。阪神では4番を打つなど、強打の外野手として活躍した。オリックス、ヤクルトを経て2011年に現役を引退し、15~19年に阪神の打撃コーチを務めた。

 4月に北岡球団代表から「県民球団に成長させるために協力してほしい」という内容の手紙を受け取り「ふるさとの田辺市に貢献できれば」と、球団で初となるGM職を引き受けた。

 22日には、上富田町であったFBの公式戦を観戦した。チームは現在3勝7敗で、4チーム中3位。選手には、全力疾走やカバリングを徹底し、初心に返ってNPB(日本野球機構)入りを目指してほしいと伝えたという。