和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月20日(木)

和泉氏が立候補表明 来春の那智勝浦町長選

和泉行洋氏
和泉行洋氏
 任期満了に伴う和歌山県那智勝浦町長選(来年4月19日告示、24日投開票)に向け、元町議で総合食品卸業社長の和泉行洋氏(55)=同町勝浦、無所属=が3日、立候補を表明した。同町長選への立候補表明は、和泉氏が初めて。

 同日、新宮市内で記者会見を開いた和泉氏は「観光や経済が低迷してきた中、コロナ禍でさらに打撃を受けた。町をなんとか立て直したい」と話した。

 現町政については「コロナ禍の中で、客を呼び込む仕組みなど次につながる施策が見えてこない」と指摘。「商売人の目線を行政や役場運営に反映させ、希望の持てる那智勝浦町をつくっていきたい」と意気込みを述べた。

 「観光・産業」「医療・福祉」「教育・子育て」「防災関係」「行財政改革」の五つを柱とした公約についても説明。2025年度の宿泊者数50万人を目指す施策、魅力ある景観づくりの10年計画、観光プランや特産品の販路開拓、18歳までの医療費無償化、津波避難タワーの増設、那智勝浦観光機構の見直しなどを挙げた。

 和泉氏は那智勝浦町出身。03年から07年まで町議を務めた。