和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月19日(火)

人気のマリトッツォも パンダスイーツはいかが

パンダの顔を表現したマリトッツォ(皿の上)と5種類あるクリームソーダ
パンダの顔を表現したマリトッツォ(皿の上)と5種類あるクリームソーダ
 和歌山県白浜町の「白良荘グランドホテル」は、ジャイアントパンダの顔を表現したクリームソーダ5種とマリトッツォの販売を始めた。アイスクリームや生クリームに丸型のチョコレートをのせて〝パンダ顔〟にしている。

 クリームソーダやイタリア発のスイーツパンであるマリトッツォはいま、若者を中心に人気を集めている。

 クリームソーダは、モモ▽レモン▽イチゴ▽メロン▽ブルーハワイ―の各味があり、カラフルな色合いに仕上げている。1杯650円(以下、価格は税込み)。マリトッツォには県産の旬の果物を使っている。1個600円。

 いずれもテークアウト(持ち帰り)が可能。白良浜海水浴場が目の前という立地を生かそうと考えた。西田訓支配人は「海水浴客だけでなく、ぜひ地元の方々にも楽しんでいただきたい」と話している。

 販売は8月末までの毎日午前11時から。各種につき1日10点の限定。クリームソーダは売り切れ次第、アイスクリームだけをのせた通常版を600円で販売する。