和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年10月23日(土)

田辺市でも高齢者へ接種開始 コロナワクチン

田辺市で始まった新型コロナウイルスワクチンの集団接種(27日、和歌山県田辺市たきない町で)
田辺市で始まった新型コロナウイルスワクチンの集団接種(27日、和歌山県田辺市たきない町で)
 和歌山県田辺市は27日、市内の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種を、南和歌山医療センター(たきない町)で開始した。

 市は、ワクチンの集団接種を市内6、7会場で実施する予定。65歳以上の高齢者約2万5千人のうち、26日までに約1万7千人分の申し込みを受け付けており、接種日時や場所が決まり次第、順次通知している。

 初日の接種対象は200人。午後2時半の開始前から次々と会場を訪れ、入り口で検温や受け付けを済ませた後、順に接種を受けていった。

 同市磯間の平野八重子さん(74)は「少しちくっとしただけで痛みもほとんどなく、すぐに終わった。最近また感染が広がっているので、少し安心した」と笑顔をみせた。

 ワクチンは1人2回の接種が必要で、この日接種した人は5月18日に2回目の接種を受ける。

 市健康増進課の谷本あけみ課長は「無事に集団接種の初日を迎えることができ、病院の協力に感謝している。希望者全員に行き渡るまでは時間がかかると思うが、順次案内するのでお待ちいただけたら」と話した。