和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月13日(日)

混雑状況3段階で表示 白浜アドベンチャーワールド

混雑具合を3段階で表示する電子看板。メッセージとともに赤、黄、青の色でも区別する(和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
混雑具合を3段階で表示する電子看板。メッセージとともに赤、黄、青の色でも区別する(和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は1日、混雑状況を3段階で電子看板に表示するシステムの運用を始めた。

 3頭のジャイアントパンダが暮らす「パンダラブ」と、さまざまな動物が暮らす区域を巡る「ケニア号」乗り場にカメラを設置。個人を特定せず、映像から10メートル四方の人口密度を解析し、電子看板に「空いています」「少し混んでいます」「混んでいます」のいずれかを示す。情報は1分ごとに更新する。電子看板は1台で、施設内のセンタードームに設置している。

 電機大手のNEC(東京都)と南紀白浜エアポート(白浜町)が中心になって展開する、情報通信技術を用いるおもてなしサービス実証の一環。アドベンチャーワールドは「リアルタイムで状況を表示することで、混雑を回避できるようになる。より快適に過ごしてもらえるようにしたい」と話している。

 4月中旬には、スマートフォンでも同じ2カ所の混雑状況を確認できるようにする。