和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月28日(金)

和歌山県で英国型変異株確認 23日の新規感染は9人

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県は23日、すでに新型コロナウイルスの感染を公表している男性2人が変異株によるものだったと発表した。

 変異株の感染者はこれで13人となった。また、県内で最初に判明した2人の変異株は英国型だったことが国立感染症研究所の解析で分かった。

 新たに変異株の感染が判明した男性2人は、海外渡航歴はないという。

 また、県は新たに9人が新型コロナに感染したことが分かったと発表した。内訳は和歌山市4人、橋本保健所管内と湯浅保健所管内が2人ずつ、県外在住で湯浅保健所管内に帰省していた1人。

 岩出保健所管内であった会食では、参加者14人のうちこれまでに県外在住者を含む6人の感染が確認され、県内30件目のクラスター(感染者集団)に認定した。