和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

若アユがジャンプ 南部川の魚道で上流目指す

勢いよくジャンプして魚道の段差を越えるアユの若魚(17日、和歌山県みなべ町山内で)
勢いよくジャンプして魚道の段差を越えるアユの若魚(17日、和歌山県みなべ町山内で)
 和歌山県みなべ町の南部川下流域にある堰(せき)の魚道で17日、遡上(そじょう)した若アユがジャンプする光景が見られた。

 好天で水温が上がると、若アユが次々と、魚道にある30センチほどの段差を上流に向かって勢いよく飛び越えている。大きさは5~8センチ。南部川漁協関係者によると、2、3日ほど前から見られるようになったという。

 漁協は毎年、県の許可を得て魚道付近に仕掛けを設置して特別採捕をし、島ノ瀬ダム上流に放流する事業をしている。今季も、早ければ今月末ごろから採捕を始める予定という。