和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月06日(木)

田辺の川上さん全国へ 小学生ソフトテニス

県大会で上位に入った田辺ジュニアの4人。左から宮武伊織君、工藤有紗さん、谷本そらさん、川上結己さん
県大会で上位に入った田辺ジュニアの4人。左から宮武伊織君、工藤有紗さん、谷本そらさん、川上結己さん
 第20回全日本小学生ソフトテニス選手権大会の和歌山県予選会(県ソフトテニス連盟主催)がこのほど、白浜町日置の町テニスコートであり、女子の部で田辺ジュニアの川上結己さん(田辺市三栖小6年)が印南ジュニアの選手とペアを組み、3位に入賞。3月に千葉県白子町で開かれる全国大会の出場権を得た。

 女子の部は49組が出場した。川上さんは印南ジュニアの山﨑琴莉さん(印南小6年)とペアを組んでベスト4まで勝ち上がった。上位4組による順位決定リーグは1勝2敗で、3位に決まった。

 川上さんは「全国大会は優勝が目標。いろいろなコースを狙えるようになりたい」と抱負を語った。

■田辺の3人入賞

 県連盟主催の大会ではこのほか、白浜町テニスコートで県小学生ソフトテニス学年別大会があった。田辺ジュニアからは5年生女子の部で2人が入賞し、4年生以下男子の部で1人が優勝した。

 18組が出場した5年生女子の部は、田辺ジュニアの工藤有紗さん(田辺第一小)が御坊ジュニアの選手とペアを組み、準優勝だった。谷本そらさん(田辺市大坊小)は印南ジュニアの吉野友菜さん(印南小)とペアを組み、4位に入賞した。

 17組が出場した4年生以下男子の部では、宮武伊織君(三栖小4年)が印南ジュニアの田端一葵君(印南小3年)とペアを組んで優勝した。

 宮武君は「優勝できてうれしい。次は全国1位になりたい」と喜んでいる。