和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月23日(火)

新人レーサー「ナコ」ボートレーサー×大学生の二刀流で活躍を目指す! ボートレース2024年CMシリーズ『ボートレース だれもが躍動するスポーツ』 スピンオフ作品ワタシが躍動できるワケ  ナコの場合

本編:7月1日(月)0時公開

一般財団法人BOAT RACE振興会(東京都港区六本木)は、中村獅童さん・江口のりこさん・神尾楓珠さん・藤森慎吾さん・山之内すずさん・矢吹奈子さんが出演するボートレース2024年CMシリーズ『ボートレース だれもが躍動するスポーツ』のスピンオフ作品「ワタシが躍動できるワケ ―ナコの場合―」を2024年7月1日(月)より公開いたします。スピンオフ作品では、CMシリーズ登場人物たちの知られざる過去を描きます。なお、本編の公開に先立ち、6月18日(火)より予告編を公開いたします。



[画像1]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/700_239_20240617154208666fdac0ea349.png



《6月18日(火)より予告編を先行公開!!》



[画像2]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/600_314_20240617154208666fdac00c0db.jpg


約9分とボリュームあるスピンオフ作品本編の見どころを
ぎゅっと凝縮!映画さながらの迫力ある予告編により本編
への期待感が高まること間違いなしです。
予告編は下記URLよりご視聴いただけます。
予告編:https://youtu.be/NclWtVyIb8g?si=AQZU7xosRZ0vQ6jg


ワタシが躍動できるワケ ―ナコの場合―」:注目ポイント
1. 実際のエピソードが題材!?ボートレーサー×大学生の二刀流で活躍を目指す!
大学で法律を学んでいるナコは勉強一筋の日々を送っていた。ある日、友人に誘われてボートレースを観戦し、その迫力に魅了される。その帰り道、「ボートレーサーになりたい!」と宣言すると、友人たちは驚くが、ナコの決意は固く、大学を休学してボートレーサー養成所へ。晴れてボートレーサーとなったナコだが、なかなか結果が出ず、友人たちは「二刀流は難しいのでは」と話す。それでも「ボートが楽しい、大学も辞めない。」と両立に奮闘するナコだったが、結果が出ずに友人のウミに弱音を吐く。ウミから「迷ってちゃダメ!」と背中を押され、再び前を向いたナコは、ボートレースの世界に名前を刻むため、ボートレーサーと大学生の二刀流をやりきることを決意する。
ボートレーサーの実際のエピソードが元となっている点にもご注目ください。

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/500_214_20240617154208666fdac00fdb0.jpg



2.【メイキング映像】矢吹さんが二刀流宣言?!
今回、二刀流の役を演じ、二刀流の難しさを感じたという矢吹さん。自身も二刀流頑張ります!と宣言?!また、同年代の共演者の方たちと仲睦まじい様子で撮影に臨んだ矢吹さんにご注目ください。

[画像4]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/500_281_20240617154212666fdac4ad227.png



3.【インタビュー映像】共演者にいじられたプレゼントとは?!
番組の共演者の方たちとプレゼント交換を行うことになった際に、矢吹さんが持って行ったものが想像と違ったのか、ニューヨークの2人からいじられたエピソードを語ってくれました。また、芸能界と二刀流するなら?の質問で矢吹さんが答えたこととは?!

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/500_281_20240617154212666fdac493f97.png



「ワタシが躍動できるワケ ―ナコの場合―」:概要
■タイトル:『ボートレース だれもが躍動するスポーツ』スピンオフ作品
「ワタシが躍動できるワケ ―ナコの場合―」
■公開日:2024年7月1日(月)
■音楽:SHISHAMO「最高速度」(書き下ろし)
■CMサイト:https://lets-boatrace.jp/entertainment/cm/spinoff/002.html
■視聴URL:https://youtu.be/hWpS7c-agQg?si=IEIu2GxTpqx6wsEk
■ストーリー:大学生のナコは、自分には勉強しか取り柄がないと周りも認めるほど日々真面目に勉強に励んでいた。そんな時、友人にボートレースの観戦に誘われた。当初、乗り気ではなかったナコだが、友達のウミに息抜きに行こうと言われ見に行くことに。そして、ボートレースの迫力に魅了されたナコは帰り道、みんなの前で「私、ボートレーサーになりたい!」と話すと、「何言ってるの?」と、ウミ以外の友人たちはナコの言葉を本気にしなかった。しかし、ナコの決意は固く、大学を休学してボートレーサー養成所に入所した。1年の養成期間を経て、ボートレーサーとなったナコ。友人たちが見守るなかレースに挑むも、なかなか結果を出せず、苦しい日々を過ごす。ある夜、大学に遅くまで残り、勉強をしているナコの元にやってきたウミが心配そうに声をかけると、「ボートがすっごく面白いんだ。いろんな年代の人がいて男女関係なく一番を目指してる。あの世界でもっと強くなりたい!」と話す。必死に毎日予習をし、レースに出て復習をする生活を送り続ける。それでも結果が出ない毎日に、ボートレーサーはもう無理かもしれないと気持ちを吐露する。ウミは「迷っちゃダメ!」とナコの背中を押し、友人たちがナコの頑張る姿に勇気をもらっていたことを知ったナコは再び前を向く。ボートレースの世界に名前を刻むため、ボートレーサーと大学生の二刀流をやりきることを決意するのであった。



「ワタシが躍動できるワケ ―ナコの場合―」:公開記念キャンペーン


[画像6]https://digitalpr.jp/simg/440/90049/600_315_20240617154208666fdac03ebff.jpg


「Amazonギフトカード5,000円分」や「調理ポット ククポ」
が当たるキャンペーンを実施!2024年7月1日(月)0時~7月7日(日)
16時までの期間中、各種公式SNSアカウントからご応募いただけます。
詳しくはキャンペーンサイトまで!
https://lets-boatrace.jp/entertainment/cm/cp/2024spinoff02/





本件に関するお問合わせ先
=本件に関するお問い合わせ=
BOATRACE振興会 広報部メディア連携チーム
(平日9:00~17:00)
Mail:kouhou-media@boatrace.jp

=報道関係に関するお問い合わせ=
ボートレースPR事務局(共同ピーアール内)
井上・穴南 TEL:070-4303-7269(井上)/ 070-4303-7366(穴南)
MAIL:boatrace-pr@kyodo-pr.co.jp


プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/90049
提供: