和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月14日(日)

ケンコバ『キン肉マン』新作に出演決定で喜び 正義超人ウルフマン役で「見どころの多い超人」

『キン肉マン 完璧超人始祖編』ウルフマン役を務めるケンドーコバヤシ (C)ゆでたまご/集英社・キン肉マン製作委員会
『キン肉マン 完璧超人始祖編』ウルフマン役を務めるケンドーコバヤシ (C)ゆでたまご/集英社・キン肉マン製作委員会
 お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、テレビアニメ『キン肉マン』シリーズの新作『キン肉マン』完璧超人始祖編(7月7日よりCBC/TBS系列にて放送)に出演することが決定した。相撲技を主体として張り手や投げ技を得意とする正義超人ウルフマン役を務める。

【画像】ウルフマンも登場!公開された『キン肉マン』新作ビジュアル

 原作ファンとして知られるケンコバは、今回の出演に「ウルフマン役のケンドーコバヤシです。かなり前にオファーをいただいて大河ドラマの主役よりも長い役作りをしてきました」と喜びつつ、「ウルフマンは過去にハワイで謎のペイントレスラーをやっていたり実は見どころの多い超人なのでぜひお楽しみに!」とファンへ呼びかけた。

 さらに7月1日から2週に渡り『キン肉マン 超人ラジオ』にもケンコバが出演。パーソナリティの上坂すみれとどんなキン肉マントークが繰り広げられるのか、期待が高まる。

 『キン肉マン』は、人間を超越した存在・超人“キン肉マン”こと主人公のキン肉スグルが、仲間の正義超人とともに、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレスを基礎とした格闘漫画。キン肉星から来たドジでマヌケな落ちこぼれ超人のキン肉マンが、努力、友情、勝利を重ねて、やがて超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく姿を描いている。

 作者・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)による合作作品のデビュー作で、『週刊少年ジャンプ』で1979年5月から87年5月まで掲載。その後、98年より『週刊プレイボーイ』でキン肉マンの息子・キン肉万太郎を主人公とした『キン肉マンII世』を連載し、2011年から24年ぶりに『キン肉マン』の連載を再開。コミックスのシリーズ累計発行部数は7700万部を突破している。

 テレビアニメは1983年4月~86年10月、91年10月~92年9月にかけて放送されており、平均視聴率20%の人気で、7本の映画も制作。キャラクター消しゴム「キンケシ」は2億体を販売するなど大ブームとなった。

 今回の新作アニメは、2006年放送のテレビアニメ『キン肉マンII世』第3期以来、18年ぶりで、アニメーション制作はProduction I.Gが担当。完璧超人始祖編は、これまでアニメ放送されたキン肉星王位争奪編の続きとなり、原作でも屈指の人気を誇るエピソードで、キン肉マン役を宮野真守、キン肉真弓/プリンス・カメハメ役を神谷明が務める。

【試読】「キン肉マン」の電子書籍
【画像】すげぇー!必殺技シーン 公開された令和版『キン肉マン』場面カット
【動画】キャラ声入り!早くもバトル 公開された『キン肉マン』新作PV
【画像】上坂すみれがミートくん!完璧超人始祖編の新キャスト
【写真】鳥山明さんが描いたアラレちゃん 『キン肉マン』作者がもらった色紙イラスト
提供:oricon news