和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

衆院くら替え留保を 町村会長が鶴保氏に要請、和歌山県

 県内21町村でつくる町村会の岡本章会長(=九度山町長)は26日、東京の参院議員会館で、次期衆院新1区に立候補を表明している自民党の鶴保庸介参院議員に、くら替え出馬を見送るよう要請した。

 派閥の政治資金パーティーを巡る問題で、同党所属で県内選出の世耕弘成参院議員が離党し、二階俊博衆院議員は次期衆院選の不出馬を表明した。新1区に町村は含まれていないため、「町村長が頼る人がいなくなる」というのが理由。

 岡本会長が口頭で要請すると、鶴保氏は「町村会長の考えはよく分かりました」と答えたという。