和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月25日(土)

【京都橘大学】約1,700名がBLS(心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置)を習得、新入生全員を対象に大規模救命講習『橘PUSH講習会』を実施



京都橘大学(京都市山科区、学長・日比野英子)では、2024年4月15日(月)から2024年度新入生全員を対象とした心肺蘇生講習 『橘PUSH講習会』 を実施しています。
この講習では救急救命学科の教員と学生が講師となり、正しい心肺蘇生の方法を身に付けつつ、緊急時の対応能力を高めることを目的としています。2024年4月15日(月)から4月26日(金)までの期間を設定し、本学の新入生約1700名が順次受講します。




 近年、AEDが必要な際にいつでも使用可能な環境の整備と併せて、誰もが心肺蘇生とAED使用を行えるように準備しておくことの重要性が高まっています。キャンパス内でも、事故等が発生した場合には、学生の生命と健康を最優先に迅速かつ適切な対応を行うことが求められます。また、地震などの自然災害に備え、非常時に備えた訓練を日常的に実施しておくことは、有事の時に冷静に対応できる力になると考えています。

 講習では胸骨圧迫とAEDの適切な使用方法を学習します。座学ではメッセージビデオを視聴し、心肺蘇生の重要性を考えます。また、実習ではトレーニングキットを使用し、倒れた方への声かけや正しい胸骨圧迫の方法、AEDの使い方を実際に体験します。2人1組で実際に人が倒れた場面を想定し、傷病者発見からAED使用までの一連の流れを実践する内容です。


▼本件に関する問い合わせ先
京都橘大学 企画部 広報課
住所:〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
TEL:075-574-4112
FAX:075-574-4151
メール:pub@tachibana-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/86915
提供: