和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月21日(日)

開園から45年間ありがとう ゾウの「エレ」天国へ、南紀白浜のアドベンチャーワールド

アフリカゾウの「エレ」=アドベンチャーワールド提供
アフリカゾウの「エレ」=アドベンチャーワールド提供
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は、園内で飼育していたアフリカゾウ(雌、推定51歳)が1頭死んだと発表した。

 園によると、21日朝、飼育スタッフが死んでいるのを確認した。ここ数年、高齢により歯が欠け、体重が減ってきていたため、飼育スタッフが、注意深く健康管理を続けていたという。死因は調査中。

 もともとは南アフリカで暮らしていた野生のゾウで、1978年2月9日に来園した。愛称は「エレ」。開園当初から約45年間、来園者を楽しませてきた。1頭死んだことにより、園内で暮らすアフリカゾウは雌2頭になった。