和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月25日(木)

総収入は1割減 和歌山県内の政治団体、最多は自民党5億8500万円

2022年和歌山県内政党別収支、県内政治団体収入
2022年和歌山県内政党別収支、県内政治団体収入
 和歌山県選挙管理委員会は28日、2022年の政治団体収支報告書を公表した。政党支部の収入総額は11億1418万6千円(千円未満切り捨て)で前年比11・7%減。支出総額は6億6581万円で16・1%減となった。衆院選があった前年と比べて、活動が落ち着いたことが要因とみられる。

 政治資金規正法に基づき、毎年公表している。政党支部は108団体のうち、この年に政党となった参政党を含め、103団体から報告書の提出があった。

 収入が最も多かったのは自民党で5億8541万5千円。前年より12・8%減少した。寄付は1億4299万1千円で前年より23・4%減った。機関誌の発行など事業収入も99・6%に当たる6809万8千円減り26万4千円となった。一方、党費・会費は13・7%増えて3082万2千円となった。

 自民党のほかに1億円を超えたのは、共産党2億8042万円(前年比1・2%減)と公明党1億3819万9千円(3・8%増)。

 国民民主党は6204万5千円で減少率が最大の57・3%だった。1支部が10月下旬に解散したためで、岸本周平知事の知事選前の離党が影響したとみられる。

 支出も自民党が最も多く3億1534万9千円(16・7%減)。このほか、共産党は2億6062万9千円(0・2%増)、公明党は2755万5千円(10・4%増)、国民民主党は2753万9千円(74・4%減)など。

 その他の政治団体は568団体のうち545団体から報告があった。収入総額は6億5710万円(14・6%増)、支出総額は3億3756万7千円(30・6%増)。収入は、多い方から県医師連盟7446万5千円、岸本知事の政治資金管理団体「周勝会」6645万3千円、世耕弘成後援会4904万6千円などとなった。