和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月22日(火)

海の近く、星空が人気 すさみ町でキャンプイベント

過去に開催したキャンプイベントの様子(3月、和歌山県すさみ町提供)
過去に開催したキャンプイベントの様子(3月、和歌山県すさみ町提供)
 和歌山県のすさみ町と町観光協会は、20日に町内で開かれるサイクリングイベント(実行委員会主催)に合わせ、キャンプなどを楽しめるイベントを開く。自然を生かした体験メニューを展開したいという。

 キャンプは19~22日、同町周参見の海水浴場と町総合運動公園を会場に開く。同様のイベントは5回目で、海が近いことや、夜には星空が見られることが好評という。2カ所で同時にできるようにしたのは初めて。日帰り、1泊で1組3千円。複数泊もできる。

 区画は2カ所で計60前後設けられるといい、予約は先着順で前日まで受け付ける。テントや寝袋などの貸し出しもある。

 19、20日午前9時~午後4時には、海水浴場に「ボルダリングボックス」(高さ4メートル)を設置する。子どもでもボルダリングを楽しめる。1人500円。

 このほか、20日午前9時からは釣り体験場を海水浴場そばに設ける。10時~午後2時には、アユのつかみ取りコーナーも作る。参加費は各500円。

 問い合わせは、町観光協会のイベント専用電話(090・6982・1178)へ。

■764人が参加申し込み  サイクリングイベント

 20日のサイクリングイベント「サイクルアドベンチャー南紀 ライドオンすさみ2019~古座川ラウンド」には、15都府県から2部門に計764人が申し込んでいる。3度目の開催で、8月には定員に達したという。

 イベントでは約140キロを走る「チャレンジコース」と約78キロの「アドベンチャーコース」の2部門がある。