和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月28日(土)

和歌山県で232人感染 2日連続で200人台

 和歌山県は20日、県内で新たに232人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。過去最多となった前日の269人より少ないが、2日連続で200人台となった。クラスターは少年野球チームなど3件を新たに認定した。

 感染者の保健所管内別は和歌山市153人、岩出21人、湯浅17人、橋本12人、田辺9人、海南7人、新宮6人、御坊5人、県外在住が2人。

 新たにクラスターに認定された少年野球チームは田辺管内に活動拠点がある「和歌山田辺ボーイズ」。小学生1人と中学生6人の計7人の感染を確認した。

 あとの2件はいずれも保育園。橋本市高野口町名古曽の「香久の実保育園」では園児3人と職員2人の計5人、和歌山市土佐町1丁目の「ニチイキッズ土佐町公園保育園」では園児1人と職員4人の計5人の感染が分かった。

 入院者は515人で、病床使用率は83・1%。入院待機者は前日より229人増えて781人。

    ◇
※和歌山県から午後4時半、新規感染者数が233人と発表がありましたが、その後「232人」と訂正がありました。午後7時44分に原稿を修正しました。