和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月22日(土)

キイジョウロウホトトギス 田辺の旧道で開花

咲き具合を見る岡山英代さん(1日、和歌山県田辺市秋津川で)
咲き具合を見る岡山英代さん(1日、和歌山県田辺市秋津川で)
 和歌山県田辺市秋津川でキイジョウロウホトトギスが上品な黄色の花を咲かせている。串崎橋近くの右会津川沿いにある旧道の斜面で、ここ1週間ほどが見頃だという。

 釣り鐘のような形の花で、垂れ下がるように咲くのが特徴。県のレッドデータブックでは、絶滅危惧2類に分類されている。

 近くに住む岡山英代さん(83)が、40年ほど前に道路を通る人たちに楽しんでもらおうと植えた。以来、肥料をやったり、地域の人の力を借りて草を刈ったりと大切に育てている。

 岡山さんは「日が当たり過ぎたり、虫に食べられてしまったりして例年に比べると花が咲かずに枯れてしまったものが多くて残念。この花のかわいらしい雰囲気がお気に入り」と話した。