和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月17日(木)

梅入りアヒージョ味わって ぷらむ工房が新商品

新商品の「梅deアヒージョ」
新商品の「梅deアヒージョ」
ぷらむ工房
ぷらむ工房
 和歌山県みなべ町晩稲1187の岩本食品ぷらむ工房(岩本智良社長)は、オリーブオイルとニンニクに白干し梅などを加えて包装した新商品「梅deアヒージョ」を発売している。手軽に調理ができてアウトドア料理にも使えるという。

 同工房の岩本青子取締役が主婦の目線で発案。コロナ禍で自宅で過ごすことが多い中、手軽においしく調理できる梅料理を求めて試食を繰り返して完成させた。

 アヒージョは、オリーブオイルとニンニクを使って、さまざまな具材を煮込む料理。「梅deアヒージョ」には、タカノツメやローズマリー、地元で採れた完熟の南高梅の白干しを加えた。

 同工房によると「梅deアヒージョ」の中身を鍋に入れて火にかけ、野菜や魚介類などを入れて加熱すれば出来上がり。梅干しはつぶしながら食べる。具材のうま味が溶け出してニンニクの風味が効いたオリーブオイルは、パンに付けたり、パスタに使ったりすることができる。

 油っこくなくて梅の味がさっぱりとした味わいを生み出し、酒のつまみのほか、調理が簡単なのでアウトドア料理にも使えると勧めている。

 値段は、200g入り(1~2人分)が税込み540円。三つセットで1500円。この新商品に南高梅のジャムや調味料など五つの商品をまとめた「アウトドア用お試しセット」もある。同工房の店舗や通販で取り扱っている。

 商品に関する問い合わせは0120・39・2406へ。