和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年01月21日(木)

インテリジェント産業ロボット:ポストCOVIDのスマートロジスティクス生産性に対する回答

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202011257694-O1-w1ws4btD

AsiaNet 86854 (2250)

 
【上海2020年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*Mech-Mind Roboticsが CeMAT ASIA 2020でスマートロジスティクス向けのインテリジェント産業ロボットソリューションを展示

COVID-19パンデミックを受けてeコマースの売上高が急上昇し、人手不足が続いており、クライアントの需要に応え、効率を向上させるために自動ロボティクスソリューションを求める企業が増えている。Mech-Mind Roboticsのインテリジェント産業ロボットは、精密で適切、かつコスト効率に優れた次世代ソリューションによって、企業が今日直面する主要な課題に応える。

Mech-Mind Robotics(Mech-Mind)はSEQUOIA Capital China、Intel Capitalなどの有力なベンチャーキャピタルに支援を受ける急成長する中国の新興企業で、高性能3Dカメラ、モーションプランニングAIアルゴリズム、ソフトウエアで大量の中核応用技術を擁している。

産業ロボットをインテリジェントにすることに注力するMech-Mindは、Shanghai New International Expo Centerで11月3日から6日まで開催された同地域で最も影響力があるイントラロジックスとサプライチェーンのイベントのCeMAT ASIA 2020で、同社のスマートロボティクスソリューションを展示した。

この展示会で、Mech-Mindは、普通財の高効率アソーティング、AI+3Dビジョンを使用した混載カートンのデパレタイズ、AI+3Dビジョンを使用したパーセルローディング、高精度スマートカメラ・イメージおよび認識技術の4つの展示区画で、同社の中核技術とソリューションを展示した。

Mech-Mind RoboticsのTianlan Shao最高経営責任者(CEO)兼創設者は「われわれMech-Mindは、3Dビジョン、ディープラーニングなどの高度技術を活用して次世代の産業ロボットを開発している。CeMAT ASIA 2020は、効率を向上させ、効果を高め、時間と労働コストを余裕をもって削減することを目指す流通および製造顧客に対して当社が広範囲なソリューションをデモンストレーションする最適な場である。スマートロボティクスはもはや研究室に限定されたものではなくなった。われわれは、このCeMAT ASIA 2020に参加できることを大変うれしく思う」と語った。

ブースのスターであるMech-Mindのアソーティングソリューションは、ピックツーライトシステム(PTL)とシームレスに組み合わせて工場の効率性を向上させる。このソリューションは、ビン振動ギアと組み合わせて高いビンクリアランス率を実現する。

このソリューションは、先端部を交換することなく多数のSKUのシームレスなハンドリングをサポートする。同時に、最先端のビジョンアルゴリズムは、ロボットがボックス、ボトル、バッグを含めさまざまな形状および寸法の物体すべてを扱うことを可能にする。これらすべてを処理する高速作業スピードは、小型ないしは軽量な物体を1アイテムあたり最長3秒である。

Mech-Mindのビジュアルガイドのデパレタイズソリューションも展示された。このソリューションは、3Dビジョン(当社のMech-Eye Deep 3D Cameraによってサポートされる)とAIを使用してスムーズなロボットモーションプランニングを提供し、1つのアイテムをピッキングするために最長4.3秒のスピードで、不規則なあらゆるパレットパターンを処理することができる。

また、流通パーセルローディングソリューションは3DとAIを使用しており、流通カートン、ポリバッグ、剛性段ボールパッケージ、ジフィーバッグ、バブルメーラー、封筒などを含む現実の速達パーセルを1時間あたり最大1600個のスピードで迅速にピッキングすることができる。

ブースで、Mech-MindはMech-Eye Smart 3D Camera専用のゾーンを設け、袋、カートン、ビンなどの物体を認識する比類のない能力をデモンストレーションした。

詳細はウェブサイトhttp://en.mech-mind.net/ を参照。

▽Mech-Mind Roboticsについて
Mech-Mindは2016年創業で、インテリジェンスを産業ロボットに搭載した。ディープラーニング、3Dビジョン、モーションプランニングなど高度な技術を通じて、Mech-Mindは流通および製造におけるパレタイジング・デパレタイジング、ビンピッキング、発注ソーティング、マシンテンディング、アセンブリー/グルーイング/ロケーティング向けのコスト効率に優れたソリューションを提供している。

Mech-Mindのインテリジェント産業ロボットソリューションは、中国、日本、韓国、ドイツ、米国などの国にある自動車OEM工場、電気製品工場、製鉄所、食品工場、流通倉庫、銀行、病院で使用されている。

ソース:Mech-Mind Robotics

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=378040
(画像説明:CeMAT ASIA 2020のMech-Mindブース)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=378042
(画像説明:Mech-Mind RoboticsがCeMAT ASIA 2020でスマートロジスティクス向けのインテリジェント産業ロボットソリューションを展示)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202011257694
提供: