和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月25日(水)

【ヤッホーブルーイング】「ホワイト物流」推進運動自主行動宣言を提出

クラフトビールメーカーとしては日本初の賛同企業
リードタイム(出荷から納品までに要する時間)の延長を推進

ヤッホーブルーイングは、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、自主行動宣言を2020年8月14日に事務局へ提出しました。クラフトビールメーカーとしては日本初の賛同企業です(※自社調べ)。





[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42451/600_160_202010231820325f92a0603203a.jpg



出荷量が増加する環境下でも持続可能な物流を目指す
新型コロナウイルス感染拡大の影響で内食・家飲み需要が増えたことで、2020年4月~9月におけるヤッホーブルーイングの缶製品出荷量は前年比で22%増加しました。また、2021年の東京オリンピック・パラリンピック大会期間中は交通混雑が予想されており、国は企業に対して物流対策を要請しています。「ビールに味を!人生に幸せを!」という企業ミッションを掲げるクラフトビールメーカーとして持続可能な物流を目指した取組をさらに推進するため、「ホワイト物流」推進運動の6項目について自主行動宣言をしました。

表 ヤッホーブルーイングが自主行動宣言した「ホワイト物流」推進運動6項目




No
取組項目
ヤッホーブルーイングの取組内容


1
物流の改善提案と協力
取引先や物流事業者から、荷待ち時間や運転者の手作業での荷卸しの削減、附帯作業の合理化等について要請があった場合は、真摯に協議に応じるとともに、自らも積極的に提案します。


2
リードタイムの延長
着荷主様の理解を得て配送リードタイムを延長し、物流事業者の配車業務及び運送の負荷を低減します。


3
納品日の集約
トラック積載率の向上と計画的運送を目的に、取引先様との協議を進めながら納品日の集約に取り組みます。


4
運送契約の書面化の推進
適正な業務委託を目的に、運送契約の書面化を推進します。


5
異常気象時等の運行の
中止・中断等
台風、豪雨、豪雪等の異常気象が発生した際には、無理な運送依頼を行いません。また、運転者の安全を確保するため、運行の中止・中断等が必要と物流事業者が判断した場合は、その判断を尊重します。


6
静脈物流の効率化
取引先様との相互理解のもと、パレットや空容器の回収を大手ビール会社様の協力を得ながら取り組みます。




















これまでの取組強化と新しい取組「リードタイムの延長」の実施
ヤッホーブルーイングでは、これまでにも持続可能な物流を目指した取組を実施してきました。


大型センターへの1配送あたりの物量集約
土日出荷の原則廃止による平日への物量集約
個店別配送から大型センター配送への切り替え
大型連休直前の物量過多回避を目的とした物量平準化
都内飲食店向けの樽製品配送網を独自に構築することで樽製品の出荷と回収を効率化
異常気象時の物流トラブル回避を目的とした納品日の調整および出荷停止


自主行動宣言をしたことで上記の取組をより一層強化していくだけでなく、「リードタイム(出荷から納品までに要する輸送時間)の延長」といった新しい取組についても推進していきます。リードタイムの延長により物量が早期に確定することで、トラック1台あたりの積載率の向上、集車・配車の効率化、夜間作業の軽減など物流事業者の負荷を軽減する効果があります。ヤッホーブルーイングでは現在、関東地方・中部地方・近畿地方へのリードタイムは1日(出荷後翌日納品)と設定していますが、リードタイムを2日(出荷後中一日納品)に変更していきます。

「ホワイト物流」推進運動とは

深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的として、次の点に取り組む運動です。

・トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
・女性や60代以上の運転者等も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現
(参考)「ホワイト物流」推進運動ポータルサイト:https://white-logistics-movement.jp/outline/

株式会社ヤッホーブルーイング


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1886/42451/300_200_202010231731245f9294dcc10b4.jpg

「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、日本のビール文化にバラエティを提供し、お客様にささやかな幸せをお届けするという想いで、品質にこだわった個性的で味わい豊かなクラフトビールを製造しています。フラッグシップである『よなよなエール』は日本を代表するクラフトビール*としてご好評いただいています。今後もより美味しいビールづくりを目指し、お客様に幸せをお届けできるよう努力して参ります。  
*クラフトビールとは小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのことを指します。




本件に関するお問合わせ先
よなよなエール広め隊(広報担当:原、道本、渡部) TEL:050-3358-6427

関連リンク
「ホワイト物流」推進運動ポータルサイト
https://white-logistics-movement.jp/outline/


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/42451
提供: