和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月13日(土)

長山洋子、レーベルメイトだった門倉有希さんを偲ぶ「本当につらすぎます」

長山洋子ニューシングル「白神山地」発売記念 マスコミ取材イベントに出席した長山洋子(C)ORICON NewS inc.
長山洋子ニューシングル「白神山地」発売記念 マスコミ取材イベントに出席した長山洋子(C)ORICON NewS inc.
 演歌歌手の長山洋子(56)が18日、東京・六本木のハードロックカフェ東京でニューシングル「白神山地」(19日発売)のリリース記念イベントを開催。今月6日に乳がんのため亡くなった門倉有希さん(享年50)を偲んだ。

【写真】かっこいい…!三味線姿が似合う長山洋子

 長山はアイドル歌手を経て1993年に演歌歌手として再デビュー。門倉さんは翌94年に歌手デビュー。ビクターのレーベルメイトだった。

 自身も2019年に乳がんの手術を受けていたことを公表していた長山は「私よりも全然若いので、本当につらすぎますね」とポツリ。

 「同じビクターで、レコード会社もずっと一緒で。私は演歌に転向させてもらったのが平成5年で、境弘邦プロデューサーにプロデュースしてもらって演歌でここまでやってこられているんですけれども、有希ちゃんは翌年の平成6年に境弘邦プロデューサーのもとでデビューしたんですよね」と振り返り、「プロデューサーやスタッフさんから話は聞いていて、頑張ってよくなって、またもう1回舞台に立てると思っていたんです、ずっと」と故人を偲んだ。

【全身ショット】艶やかな白の着物姿で登場した長山洋子
【写真】マーク・スミス氏と入籍後初公の場で笑顔の長山洋子
【写真】ミニスカ衣装で“絶対領域”を披露した長山洋子
【写真あり】長山洋子、9年ぶりドラマ出演 本人役で“幻のあの曲”熱唱!?
【写真あり】長山洋子、演歌転身後初のポップス 洋装姿で「アイドル時代蘇った」
提供:oricon news