和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月13日(土)

新たな旅に向けて、横琴は新しい「産業+展示会」ビジネスモデルの育成を加速

AsiaNet 0200205 (1103)

【珠海(中国)2024年6月12日新華社=共同通信JBN】今年5月末の時点で、Guangdong-Macao In-Depth Cooperation Zone in Hengqin(横琴広東・マカオ深度合作区、以下「合作区」)は、3カ月近くにわたって階層別管理を実施しています。合作区は、中国のハイレベルな制度的開放の主要な探求を表しています。また、生計、産業、法制度などの主要分野の構築を加速しており、質の高い開発の新たな章を開いています。

Economic Development Bureau of the Cooperation Zone(合作区経済開発局)のディレクターAntonio Lei氏によると、階層別管理の導入により、マカオから横琴への移動の利便性がさらに向上しました。合作区はマカオと協力し、双方向の移動性と人材交流を活用して、より多くの特徴的なMICEイベントを開催することを計画しています。これらのイベントは、世界のバイヤー、出展者、金融業界の代表者を引き付けることを狙いとしています。さらに、物流、人材、資本、情報の流れを円滑化し、「産業+展示会」の新たなビジネスモデルの開発を促進します。

Antonio Lei氏は、階層別管理の正式な導入によって、マカオと横琴間の展示会協力に一層多くの利益と機会がもたらされると考えました。例えば、合作区のイベントに参加する企業は、展示品を保税状態で一時輸入することができます。さらに、使い捨てでない大型の展示資料の一部は、イベント終了後にマカオに送り返すことができます。これは、横琴とマカオの間の「複数会場イベント」モデルをさらに促進し、より多くの国際的な出展者が横琴に活動を拡大するよう誘致します。

Antonio Lei氏は次のように述べました。「今年もマカオとの協力を継続し、High-quality Consumption Exhibition & Global Bay Areas Forum(高品質消費博覧会および世界湾区フォーラム)やBEYOND Expoなど、『複数会場イベント』モデルの下で、世界的な影響力を持つ複数のイベントを開催します。リソースを共有することで、『MICE(2)Macao x Hengqin』ブランドの影響力を継続的に拡大していきます」

今後、マカオと横琴は共同でマカオ国際空港のターミナル建設を推進し、マカオ観光バス路線を開設し、合作区での「キャンプフェア」などのイベントを共催します。また、より多くの島ツアー商品を開発し、MICE産業への投資促進で協力を強化し、より多くの国際イベントをマカオと横琴に誘致するための専門チームを結成します。

さらに、マカオと横琴のMICE産業の繁栄は、数多くの雇用機会を創出しています。例えば、MICEイベントの主催には、イベント企画、マーケティング、会場管理、テクニカルサポートを専門とする幅広い専門家が関与し、関連業界に熟練人材を引き付ける広大な市場スペースを提供しています。その上、さまざまなMICEイベントを共同で主催し、展示会ブランドを構築することで、マカオと横琴は、その多様な産業開発をより幅広いオーディエンスに紹介していきます。このアプローチは、業界内の人材交流を促進するだけでなく、両方の場所で優れた専門家をより多く確保するのにも役立ちます。

ソース:The Economic Development Bureau of the Guangdong-Macao In-Depth Cooperation Zone in Hengqin



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202406132142
提供: