和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月19日(金)

SS&C、GIFTシティオフィスを開設し、インドでのファンド管理事業を拡大

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406132120-O1-D410SUF9

ウィンザー(コネティカット州), 2024年6月13日 /PRNewswire/ -- SS&Cテクノロジーズホールディングス・インク(SS&C Technologies Holdings, Inc.、Nasdaq: SSNC)はインドのグジャラート国際金融テックシティ(GIFTシティ)に新オフィスを開設し、世界的な事業展開を進めています。国際金融サービスセンター局は、SS&C GlobeOpに対して、経済特区に所在するオルタナティブ投資ファンド(AIF)およびその他のファンドに対するファンド管理およびコンプライアンスサービスの提供を許可しました。

Kedaaraキャピタル(Kedaara Capital)およびマルチプルオルタネートアセットマネジメント(Multiples Alternate Asset Management)は、GIFTシティにおけるAIFを持つSS&Cのクライアントの一部であり、さらに多くのクライアントが続く予定です。

「GIFTシティには非常に大きなチャンスがあり、その一部になることに興奮しています。」とマルチプルオルタネートアセットマネジメントの代表者は述べました。

「SS&Cは世界有数のオルタナティブファンド管理会社としての経験を持ち、当社の成長を支える素晴らしいパートナーです。私たちは、SS&Cの現地チームと協力して日々の業務を支援してもらうことを楽しみにしています。」とKedaaraキャピタルの代表者は述べました。

GIFTシティにおけるファンド管理の提供は、インド全土にわたるSS&Cの広範なファンド管理事業を補完するものです。SS&Cは2003年に初めて同国に進出しました。インドのファンド管理顧客のうち、SS&Cは190億ドル以上の運用資産を管理しています。SS&Cはインド国内に12ヶ所のオフィスを構え、7,500人のスタッフを擁し、ファンドサービスや送金代行、ブローカー業務などを顧客に提供しています。シニアディレクターのArun Baldwa氏がGIFTシティの新オフィスを指揮します。

「新たに取得したGIFTシティの運用ライセンスと現地拠点により、インドでの存在感をさらに拡大できることを嬉しく思います。」とSS&C GlobeOpの責任者であるBhagesh Malde氏は述べました。「運用資産が2兆ドルを超える世界有数のオルタナティブファンド管理会社として、私たちは様々な国や規制・税制にまたがる複雑なファンド組成のあらゆる運用ニーズに対応してきました。GIFTシティにおける現場での存在感は、インドに対する私たちの深い取り組みをさらに強固なものにしています。この新しいグローバル金融およびITの中心地でファンドを設立するお客様と、さらに緊密に協力できることを楽しみにしています。」

ファンド管理業界はGIFTシティで急速に成長しており、多くの国内外の企業がその利点を活用しています。IFSCAによると、過去3年間に300億ドル以上のコミットメントを持つ80以上のファンドマネージャーが経済機会地帯に設立しました。

SS&Cテクノロジーズについて

SS&Cは、金融サービスおよびヘルスケア業界向けのサービスおよびソフトウェアのグローバルプロバイダーです。1986年に設立されたSS&Cは、コネチカット州ウィンザーに本社を置き、世界各地に拠点を構えています。世界的な大企業から中小企業まで約20,000の金融サービスおよびヘルスケア企業が、当社の専門知識、規模、技術においてSS&Cに信頼を寄せています。

SS&C(Nasdaq: SSNC)に関する追加情報は、www.ssctech.comでご覧いただけます。

TwitterLinkedInFacebookでSS&Cをフォローしてください。

ロゴ - https://mma.prnasia.com/media2/692536/SSC_Logo.jpg?p=medium600 

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406132120-O2-Ds9nRay5

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202406132120
提供: