和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月13日(木)

JO1川西拓実&桜田ひより、緊張のクランクイン映像公開 自作の歌詞を披露する川西の姿も

『バジーノイズ』メイキング映像公開(C)むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会
『バジーノイズ』メイキング映像公開(C)むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会
 グローバルボーイズグループ・JO1の川西拓実が主演を務め、俳優の桜田ひよりが共演する映画『バジーノイズ』のメイキング映像が18日、公開された。

【メイキングカット】海辺が似合う桜田ひより

 同作は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載されたむつき潤氏の同名漫画が原作。PCで奏でる音楽だけを趣味とし、シンプルな生活を送る孤独な青年・清澄(川西)の部屋に、少女・潮(桜田)が窓ガラスを割って入ってくる。2人の出会いから広がって行く清澄の音楽は、潮の幼なじみでレコード会社に勤める航太郎(井之脇海)、航太郎が担当するマザーズデイのベーシストである陸(柳俊太郎※柳=木へんに夘)を巻き込んで、さらに大きくなり、バンドを誕生させることになる。

 今回解禁された映像では、川西と桜田がクランクインする際の様子が映されている。映画初主演で緊張の面持ちの川西。桜田が現場に到着すると、風間太樹監督と一緒に笑顔を浮かべるも、3人の中にもまだどこか緊張感が漂う。

 しかし、次の映像では、川西が撮影現場の合間にカメラを構える様子が収められている。スタッフに自身が撮影した写真を見せ、スタッフとも打ち解けた様子を見せる。

 さらに、桜田がシーンのOKが出た後に“オッケーポーズ”をする姿も。エキストラがたくさん集まった撮影を終え、夜ごはんを明るく答える桜田だった。

 そして、最後に川西が作詞した歌詞を披露する場面も。「海で踊る君がほほ笑んで 僕の指が走り出す 割れた窓からふく風が 夏の終わりを連れてくる」と、自身が演じる清澄が考えた歌詞として披露する川西からも、自身が演じたキャラクターへの入り込み方がうかがえる様子がうかがえる。



【試読】「バジーノイズ」の電子書籍
【動画】JO1・川西拓実&桜田ひより『バジーノイズ』インタビュー
【画像】スポットライトの下で…清澄(川西拓実)を切り取った場面写真
【動画】共演者とJO1ポーズ披露に笑顔!初主演映画完成に感慨の表情を見せた川西拓実
【写真】川西拓実×桜田ひより、映画『バジーノイズ』夜の交差点がエモく切ない新たな場面写真
提供:oricon news