和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月18日(土)

新型『ジープ ラングラー』発売 6年ぶりのリニューアルで799万円から

新型ジープ『ラングラー』プレス発表会の様子 (C)ORICON NewS inc.
新型ジープ『ラングラー』プレス発表会の様子 (C)ORICON NewS inc.
 Stellantisジャパンは10日、東京・MIYASHITA PARKで「新型ジープ ラングラー プレス発表会」を開催した。

【全身カット】素敵!ミディアムヘア&カジュアルデニムで50代の魅力あふれるトータルテンボス・藤田憲右

 ジープブランドの本格オフローダーである『ラングラー』の新型モデルが、きょう10日から全国のジープ正規ディーラーで発売されたことを記念して行われたこの発表会。冒頭、同社代表取締役の打越晋社長が登壇し、「誰が見ても一目で分かる、他に類を見ないオフローダーで、ジープブランドのそのものを語るにふさわしい圧倒的アイコン、人気ナンバーワンの『ラングラー』。2018年から6年ぶりにリニューアルいたします」とあいさつした。

 この日発表された新型『ラングラー』は、伝統的なデザインを受け継ぎつつ、よりタフで快適が走行可能なモデルに進化。エントリーグレードとして『アンリミテッド スポーツ』を設け、『アンリミテッド サハラ』と『アンリミテッド ルビコン』とともに、3グレードで構成されている。

 主な特徴として、エクステリアは、従来のマストアンテナにかわって、フロントウインドシールドにアンテナを統合。インテリアでは、『ラングラー』として初めてサイドカーテンエアバックをフロントおよびリアに採用し、全グレードで標準装備した。また、第5世代Uconnect5システムを搭載した新12.3インチタッチスクリーンを全グレードに標準装備。Apple CarPlay(ワイヤレス接続可能)、Android Autoに対応した。

 ボディカラーは、『アンリミテッド スポーツ』と『アンリミテッド ルビコン』が、ブライトホワイトC/C、ブラックC/C、ファイアークラッカーレッドC/C、グラナイトクリスタルメタリックC/C。『アンリミテッド サハラ』が、ブライトホワイトC/C、ブラックC/Cから選択可能となっている。

 メーカー希望価格は、『アンリミテッド スポーツ』が799万円、『アンリミテッド サハラ』が839万円、『アンリミテッド ルビコン』が889万円。

 また、新型モデル発表を記念し、2車種の限定モデル『アンリミテッド ルビコン ハイ ベロシティ』、『アンリミテッド サハラ ローンチエディション』も発売。『アンリミテッド ルビコン ハイ ベロシティ』は10台限定の抽選販売となっており899万円、『アンリミテッド サハラ ローンチエディション』は300台限定で849万円となっている。

 なおこの発表会には、自身もジープオーナーであるお笑いコンビ・トータルテンボスの藤田憲右(48)も登壇し、トークセッションを行った。

【写真】藤田憲右といえばアフロヘア!笑顔でポーズを取るトータルテンボス
【動画】「この車、ハンパねぇ」「カッコいい」と反響! 藤田憲右の1200万円のJeep
【動画】岩城滉一“バカでかい”新車を公開「すげ~車」「見た目・声・所作、生き様全てかっこいい」
前澤友作氏“2000万円”レクサスLMが納車 豪華内装に驚きの声「ファーストクラス」「成功者の証」
ダイアン・津田篤宏、“憧れの高級車”ベンツ納車「めちゃくちゃかっこいい」「出世しましたね!」 価格は「覇者の金額」
提供:oricon news