和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月21日(日)

高橋文哉、映画『ブルーピリオド』情報解禁に緊張「原作ものはビジュアルが大事なので」

映画『ブルーピリオド』公式SNSでライブ配信を行った(左から)桜田ひより、高橋文哉、眞栄田郷敦、板垣李光人 (C)ORICON NewS inc.
映画『ブルーピリオド』公式SNSでライブ配信を行った(左から)桜田ひより、高橋文哉、眞栄田郷敦、板垣李光人 (C)ORICON NewS inc.
 映画『ブルーピリオド』(8月9日公開)の主演・眞栄田郷敦(矢口八虎役)、共演の高橋文哉(鮎川龍二役)、板垣李光人(高橋世田介役)、桜田ひより(森まる役)の4人が2日、ワーナー公式インスタグラム、TikTok、YouTubeでライブ配信を行った後、取材に応じた。

【動画】映画『ブルーピリオド』特報映像

 4人の出演情報が解禁されてから3時間後に行われたライブ配信。4人がそろうのは、本作の撮影以来のこと。また、ライブ配信の会場となった、東京・西新宿のena美術(旧:新宿美術学院)の教室では撮影も行われ、眞栄田と板垣が参加。原作漫画の作者・山口つばさ氏が学んだゆかりの地でもある。

 情報解禁された直後の心境について、高橋は「ドキドキしていました。原作ものはビジュアルが大事なので、第一印象でどう思われるか、情報解禁の時というのは緊張する瞬間で、どんなにこだわって、悔いがなくても緊張する。それを久々に感じました」と明かした。

 高橋が演じた鮎川龍二は、「ユカちゃん」の愛称で呼ばれ、女性的な容姿が特徴のキャラクター。「身体的にも自分とユカちゃんに僕自身が境界線を感じないくらいまで追い込みました」とコメントしていたほど入れ込んでいる。

 驚異的な画力を持つ天才高校生を演じた板垣は、趣味でアートを嗜んでいることもあってか、高橋とは対照的に「最近、暖かくなってきましたが、公開が8月9日に決まって、熱い夏が始まるな、と思いました」と落ち着いた様子で、自信をにじませた。

 桜田は「原作を応援している方にもぜひ観ていただきたいと思いますし、新たに『ブルーピリオド』という作品を知った方にも楽しんでいただける作品になっているので、幅広い方々に見ていただきたいなという期待でいっぱいです。まだまだいろんなキャストが出ているので、楽しみにしていただけたらと思います」。

 しばらく考えていた眞栄田は「パッと出てこなくて、今はまだ何とも思っていないというか、めちゃくちゃ見てほしい作品なので、解禁されただけでは全然満足できなくて。ちゃんと公開されて、多くの人に見てもらえるまでは…。ドキドキと不安でいっぱいです」と話していた。

 本作は、成績優秀だが、空気を読んで生きる日々に物足りなさを感じていた高校生の矢口八虎(眞栄田)が、1枚の絵をきっかけに美術の世界に本気挑み、国内最難関の美術大学を目指して奮闘していく物語。

 監督は『サヨナラまでの30分』『東京喰種 トーキョーグール』などの萩原健太郎監督。映画『東京喰種 トーキョーグール』(2017年)以来2回目の萩原組となった桜田は「また一緒に作品を作れる喜びをかみしめていました」。ドラマ『あと3回、君に会える』(20年)以来の眞栄田は「お互いにリベンジマッチのような気持ちがあって、撮影に入る前から熱く話し合ったりしていた」と思い入れたっぷりに語っていた。

【試読】「ブルーピリオド」の電子書籍
眞栄田郷敦・高橋文哉・板垣李光人・桜田ひより、映画『ブルーピリオド』出演をライブ配信で報告
『ブルーピリオド』実写映画化で8月公開 主演は眞栄田郷敦 完成度に原作者も納得!キャストの演技に驚き「所作が絵描き」【コメントあり】
『ゴールデンカムイ −北海道刺青囚人争奪編−』続投&新規キャスト17人を一挙公開【コメントあり】
『ゴールデンカムイ』映画の続きをドラマで描く「北海道刺青囚人争奪編」WOWOWで今秋放送・配信決定
提供:oricon news