和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年08月13日(土)

夏目前!嫌な虫退治に必須、防殺虫剤のジャンルでよく見られたCMクリエイティブランキングを発表 3位はエステー、1・2位を独占したのは・・・!?


ご家庭に人体認識技術を搭載した機器を設置し、テレビの「視られている量」を測るTVISION INSIGHTS株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 郡谷 康士、以下TVISION)は、2020年10月以降に出稿を開始した防殺虫剤のテレビCMが、250GRP時点でどのくらい見られていたのか、CMクリエイティブランキングを発表しました。

夏を目前に、防殺虫剤のテレビCMをよく目にするようになりました。夏の行楽シーズンには必須アイテムである、虫よけをはじめとする防殺虫剤のCMは、視聴者にどのように見られていたのでしょうか。テレビCMのクリエイティブを評価する指標「クリエイティブスコア(Cスコア)」で、250GRP時点のCMクリエイティブランキングを作成しました。



防殺虫剤のCMクリエイティブランキング



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1218/60537/700_536_2022070417504262c2a9e233052.PNG





ランキングの対象となったCMは33本でした。

1位は、KINCHOの『金鳥の渦巻「愛の渦巻」篇』でした。藤原竜也さんと松岡未紗さんが出演するCMです。藤原さんが、「蚊取り線香、家で焚いて待ってるから」「カトリーヌ カトリーヌ カトリーーヌ」と絶叫しますが、実は金鳥ロードショー”愛の渦巻”のセリフの練習だったというストーリーです。15秒篇も13位にランクインしました。

2位は、同じくKINCHOの『タンスにゴンゴン「ダニも?」篇』でした。ファーストサマーウイカさんが出演するCMです。ドラッグストアの店員に扮したファーストサマーウイカさんが「ダニ?ダニー」と叫ぶ迫力の演技に目を惹かれます。

3位は、エステーの『米唐番「米唐番まつりA」篇』でした。モーニング娘。OGの高橋愛さんと田中れいなさんが出演するCMです。ダンスの振付はDA PUMPのKENZOさんが監修しました。クレイジーでキレのある振付が印象的です。  

15素材のうち9素材がKINCHOのCMでした。また、全33CM中上位23位までのCMがCスコアの平均である100を越えており、防殺虫剤のCMが全体としてよく見られていることが分かりました。



1位の『金鳥の渦巻「愛の渦巻」篇』を分析


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1218/60537/500_281_2022070417505062c2a9ea7feaf.png






[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1218/60537/700_384_2022070417505662c2a9f01becc.PNG





1位になった、『金鳥の渦巻「愛の渦巻」篇』のCMについて、視聴者がCMのどの場面で注目したのか、1秒ごとの折れ線グラフをみてみます。

グラフより、冒頭、荘厳な音楽が流れ、藤原竜也さんの「待ってるから俺」という台詞で、注目が上がります。その後、「カトリーヌ、カトリーヌ」と繰り返し叫ぶ場面で高い注視を獲得しました。その後、さらに注目があがり、一番注目されたシーンは、金鳥ロードショー”愛の渦巻”という台本がアップになるところでした。藤原竜也さんの今までの台詞はこの台本の練習だったという種明かしと、金鳥ロードショー”愛の渦巻”という洒落が、驚きの感情を引き起こし注目されたと考えられます。後半、お馴染みの商品訴求で注視が下降傾向になったものの、最低でもCスコア105を越えており、全体を通してかなりよくみられたクリエイティブということが言えます。



クリエイティブスコア(Cスコア) 概要
クリエイティブスコア(Cスコア)は、CMクリエイティブを評価する指標です。
例えば、Cスコアが150のクリエイティブAと100のクリエイティブBがあったとき、放送された番組の影響を除くと、クリエイティブAはクリエイティブBの1.5倍注視されたと評価できます。


[画像4]https://user.pr-automation.jp/simg/1218/60537/600_224_202205311417516295a4ff7a101.png






【TVISION INSIGHTS株式会社について】
TVISION INSIGHTS株式会社は人体認識技術によってテレビ番組・CMの視聴態勢データを取得し、BtoB向け視聴分析サービスを提供しています。ご家庭のテレビに、TVISIONが独自に開発した人体認識技術を
搭載した調査機器を設置し、調査参加者の視聴態勢を毎秒で自動的に取得。「誰がテレビの前にいて、ちゃんと見ているか」というTVISION独自の注視データを広告主・広告会社・放送局など国内累計160社以上のクライアントにご活用いただいています。現在、国内では関東エリアの2,000世帯・関西エリア600世帯、地上波/MX/BSの全番組の視聴データ、ならびにコネクティッドTVの注視データを提供しています。


本件に関するお問合わせ先
TVISION INSIGHTS株式会社 広報担当 佐野、峯島 
東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル6階
E-mail info@tvisioninsights.com Tel(担当直通) 050-5468-2785

関連リンク
Telescope
https://telescope.tvisioninsights.co.jp/
リリース掲載
https://telescope.tvisioninsights.co.jp/collection-tips/analysis-result/11233/


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/60537
提供: