和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月03日(日)

ミニオンズがディスコで“フィーバー” オリジナル楽曲を手がけたのはダイアナ・ロスら

映画『ミニオンズ フィーバー』(7月15日公開)(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
映画『ミニオンズ フィーバー』(7月15日公開)(C)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
 映画『ミニオンズ フィーバー』より、定番の青いオーバーオールや本作初のコスチュームとなるカンフースーツでもない、物語の舞台となる1970年代をイメージしたファッションに身を包んだミニオンたちが、音楽に合わせてノリノリなダンスで“フィーバー!”する特別映像が到着した。

【動画】ミニオンズがディスコで“フィーバー”特別映像

 2010年公開のアニメーション映画『怪盗グルーの月泥棒』に初登場して以来、世界中で愛されるキャラクターとなったバナナが大好きな「ミニオン」が大活躍するシリーズ最新作。

 今回解禁された映像では、髭(ひげ)をたくわえダンディーなスチュアート、花のコサージュ付きヘアバンドに長髪でヒッピー風のケビン、サイケデリックなシャツがキマッているボブ、そして本作の新ミニオンのオットーはちょっぴりセクシーな胸毛と厚底ブーツで登場。その時代特有の個性的なファッションセンスでキメキメのダンスを踊る姿は、ミニオンの可笑(おか)しさとキュートさが大フィーバー! ミニオンたちとともにディスコにいるような気分で、映画の公開がますます楽しみになること間違いなし。

 映像のバックで流れている70年代ポップスを彷彿とさせる楽曲「ターン・アップ・ザ・サンシャイン」の超ノリノリなサウンドにも注目。この曲は、60年代から70年代にかけて一斉風靡し、アメリカで最も成功した女性歌手ダイアナ・ロスと、サイケデリック・ロックを現代に昇華したサウンドが特徴的で、日本でもフジロックで最大のステージで大トリを飾るなど大人気バンドのテーム・インパラ、そして今年のグラミー賞で”プロデューサー・オブ・ザ・イヤー”を受賞し、テイラー・スウィフトなど著名アーティストの楽曲を手がけてきたジャック・アントノフらが共作して誕生した、最強にスペシャルなオリジナル・ソングだ。

 「僕らが太陽を輝かせるんだ キラキラ輝かせよう」という、ポジティブなメッセージも込められており、この夏公開を迎える『ミニオンズ フィーバー』にもピッタリの楽曲となっている。

 本編ではこのほかにも、どこか懐かしい70年代の雰囲気を感じさせながらも、斬新で思わず身も心も気分ノリノリにさせる楽曲が勢ぞろい。ミニオンたちのハチャメチャな大騒動の随所で彩りを添える名曲の数々にも注目だ。

 本作は、“スーパー・ヴィラン”になることを夢見る、11歳のグルー少年の物語。誘拐されてしまうグルー少年を助け出すため、ケビン、スチュアート、ボブは、カンフー・マスターに弟子入りを志願するが、それは、幾重もの試練が待ち受ける、険しき道の始まりだった…。

 なお、最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちがグルーと出会うまでの話に焦点が当てられた『ミニオンズ』(2015年公開)、グルーとバナナが大好きな相棒のミニオンたちを中心に物語が展開する『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17年公開、地上波初放送)の2本がフジテレビ系列で2夜連続地上波放送されることが決定。

 『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、7月17日(後7:00~8:54※一部地域を除く)。『ミニオンズ』は、7月18日(後7:00~8:54※一部地域を除く)



【動画】映画『ミニオンズ フィーバー』新予告映像
シュレック、ボス・ベイビーに続くのは“お尋ね者5人組”『バッドガイズ』公開決定
ディズニー&ピクサー新作で「日本のアニメの影響」探し 『ONE PIECE』も参考に
市川ぼたん、声優初挑戦 「ニャめんなよ~」かわいく猫語を披露
鈴木亮平、TDL「バズ・ライトイヤー」のアトラクションで満点獲得
提供:oricon news