和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月05日(火)

スポーツ庁が行う体力テストにおいて、男子小・中学生の体力・運動能力は過去最低 子どもたちの健康な体づくりのために、私たちにできることは何か? スポーツ健康科学部・上田憲嗣准教授の研究紹介動画を公開 -- 立命館大学



このたび、立命館大学スポーツ健康科学部の上田憲嗣准教授が取り組む、子どもの体力・運動能力向上に関する研究「動作コオーディネーション能力」の紹介動画を公開しました。




 2021年、スポーツ庁が実施した全国体力テストにおいて、男子小・中学生の体力・運動能力は過去最低を記録しました。小・中学生全体をみても、2019年以降、体力・運動能力が大きく低下しており、問題視されています。原因は、テレビ・スマホ・ゲームなどを視聴する時間が増えたことや、コロナ禍による運動機会の減少であると考えられており、早急な対策が必要です。


 今回の動画では、男子小・中学生の体力・運動能力低下の現状や動作コオーディネーション能力の解説、具体的なトレーニング内容などを上田准教授が解説しています。


「男子小・中学生の体力・運動能力は過去最低!?子どもたちの健康な体づくりのために、いま私たちにできることは何か?」
U R L : https://youtu.be/ftH2P-WaUas
 
動画 : 5分24秒
内容(抜粋) :
 ・男子小・中学生の体力・運動能力低下について
 ・動作コオーディネーション能力について
 ・コオーディネーショントレーニングについて



【立命館大学スポーツ健康科学部 上田 憲嗣(うえた けんじ) 准教授】
 鳴門教育大学大学院修了。吉備国際大学准教授などを経て、2015年から立命館大学スポーツ健康科学部准教授を務める。主な研究テーマは「発育発達期における動作コオーディネーション能力の理論的・実践的研究」「スポーツタレントの育成及びアスリート育成パスウェイの構築」など。

▼本件に関する問い合わせ先
立命館大学広報課
名和
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/59134
提供: