和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年07月04日(月)

弘前大学 学生開発の新メニュー!『トリチ林檎丼』を学食で期間限定販売



「青森県産品を使った商品開発」をテーマとしたインターンシップに参加した弘前大学学生4名が、開発した新メニュー『トリチ林檎丼』の販売を5月17日から19日まで弘前大学学生会館1階 文京食堂Horestで行います。




 弘前大学では、地域社会のリーダーを育成すべく、教育力向上に向けた地域志向の教育改革に取り組んでいます。



 このたび、青森の自治体や企業が推進するプロジェクトに、卒業後すぐに貢献できる即戦力となる人材を育てる「6次産業化マイスター育成プログラム」において、「青森県産品を使った商品開発」をテーマに、インターンシップを行い、弘前大学生活協同組合および(株)木村食品工業の協力のもと新メニューの商品開発をしました。


 本取り組みの概略は以下です。


【開発メニュー】
『トリチ林檎丼』
 ...エビチリの鶏肉バージョンでピリ辛な「トリチリ」と一口大の甘い冷凍りんご「冷凍りんごピーセス(注1)」を掛け合わせた丼ぶり。


【開発者】
 弘前大学農学生命科学部食料資源学科4年次の学生4名
 指導教員:同学部 石塚哉史教授 前田智雄教授 前多隼人准教授


【インターンについて】
・プログラム名:6次産業化マイスター育成プログラム
・テーマ:青森県産品を使った商品開発
・実施期間:令和3年9月~
・協力:弘前大学生活協同組合・株式会社木村食品工業


【販売】
・日時:2022(令和4)年5月17日(火)・18日(水)・19日(木)
・場所:弘前大学大学会館1階 文京食堂Horest


(注1)冷凍りんごピーセス...株式会社木村食品工業で生産されている商品。一口大の甘い冷凍りんご。
  ビタミンCの浸潤など様々な手法によって一年中おいしく食べることができ、長期保存も可能。


 販売初日となった5月17日(火)はインターンに参加した4名の学生が店頭に立ってチラシを配るなど、宣伝を行いました。食堂のオープンから次々にトリチ林檎丼の注文が入り、初日で700食以上が販売される盛況ぶりでした。


 販売期間終了後には販売成果の分析ののち、協力企業に対しての提案を含めた成果報告を行います。


 今後も「青森県産品を使った新商品開発」をテーマに、6次産業化の現場で「即戦力」として働くことができる人材を育成する取り組みを行う予定です。


【関連ページ】
■国立大学法人弘前大学ホームページ
「学生開発の新メニュー!『トリチ林檎丼』を学食で期間限定販売」(2022.5.18掲載)
 https://www.hirosaki-u.ac.jp/topics/73183/

▼本件に関する問い合わせ先
弘前大学学務部教務課教務グループ
住所:青森県弘前市文京町1番地
TEL:0172-39-3106
FAX:0172-34-6974
メール:jm3106@hirosaki-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/58997
提供: