和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月27日(月)

創部2年目で全国大会へ みなべの女子バレー「リアン」

優勝したリアンバレーボールクラブ
優勝したリアンバレーボールクラブ
 和歌山県バレーボール協会主催の県U―14(14歳以下)女子バレーボール大会がこのほど、紀の川市の桃山勤労者体育センターであり、みなべ町を拠点に活動するリアンバレーボールクラブが創部2年目で初優勝した。秋の全国大会と夏の近畿大会に出場する。

 中学生を中心とした地域クラブチームの大会で、県内の5チームが出場した。そのうち紀南のチームは、リアンのほか、みなべ町を拠点とするレッズと上富田町を拠点とする口熊野。

 各チームが2試合ずつ戦い、勝率とセット率、得失点差で競った。リアンはレッズに2(25―19、25―22)0、VC打田に2(25―22、25―17)0で勝ち、唯一全勝で優勝を決めた。2位はVC打田で、リアンとともに近畿大会に出場する。

 リアンは2試合とも、昨年の大会と同じチームとの対戦だったが、雪辱を果たした。昨年春に創部したばかりで、全国の強豪チームと戦う。

 リアンの竝木正明監督は「昨年の大会で負けていただけに選手たちも緊張していたと思うが、日頃の練習の成果を発揮し優勝することができた」と振り返った。

 全国大会は9月24、25の両日に和歌山市で、近畿大会は8月11日に大阪府で開かれる。竝木監督は「ジュニア時代に基礎をしっかり教えてもらっており、今後も拾ってつなぐバレーを目指して練習を積み重ね、大会に臨みたい。自分たちのバレーをして一つでも勝てればと思う」と話している。

 リアンのメンバーは次の皆さん。

 火縄友基、上野莉胡、竹谷都希、鈴木仁菜、島倉紀ノ花、白井稟子、庄司妃華、平林栞奈、摺石愛莉、築山奈那世、塩路里葉、中田夕貴、山下小有紀、久保綾芽、小谷梨央、岩﨑優月、廣野百伽、古谷祐里華、猪原曖莉、川瀬有紗